お知らせ・更新情報
    (事務所外観、クリックで拡大) 
    keisei01.jpg keisei02.jpg keisei03.jpg

     本年も変わらぬごひいきのほどお願い申し上げます。。



    (お知らせ)
     2011年6月、村上法律事務所は青葉区片平から一番町に移転しました。古いカーナビの情報を頼りにして、前の片平の事務所へ向かってしまった方がこれまで数名ほどおられます。くれぐれもご注意を。
     電話・FAX番号に変更はありません。


     案外本気で信じ込まれてしまう小咄
     「村上さんの事務所、どうして今の場所に移転したの?」 「そりゃ、目の前に酒のやまやがあるからですよ」

    ID:5lh2fd
    利府西中学校での出前授業
     今日は、私を含む若手の弁護士4名で利府町立利府西中学校まで出前授業に行ってきました。

     学校からの要望としては、実際の憲法判例を題材にして生徒にディベートさせたいとのこと。また、薬事法判決や出版差し止めなどの判例を授業でも扱ったともうかがっており、その授業のレベルの高さには驚かされます。
     
     今回われわれが選んだ題材は、神戸高専事件。
     これは、絶対的平和主義の立場で格技を禁止する宗教の信者である生徒Xが、体育で剣道を実施している高専の授業に参加せず、その結果留年・退学処分を受けたという事案です。
     生徒Xは剣道の授業の代替措置としてレポートを作成・提出するも、高専側は代替措置を認めず。その結果、留年が続き生徒Xは退学処分となりましたが、これを取り消せという裁判です。
     生徒の信教の自由と、高専側の教育内容を決める裁量や政教分離原則とが対立する事案です。

     授業ではまず、差し障りのないよう宗教名や学校名を伏せて、事案をコンパクトにまとめて生徒さんに紹介しました。
     そして、信教の自由が憲法で保障されている理由や、信教の自由は内心では絶対的に保障されるが、行動を伴う外部との関わりでは制約を受けることなどを簡単に講義。
     その上で、生徒さんにどちらかの立場に立つか分かれてもらい、双方の立場から意見を述べてもらいました。
     比率としては、最初は2~3対1くらいの割合で高専側に立つ生徒さんが多かったものの、それぞれの立場からの議論を経て、最終的には生徒X側を支持する生徒が少し増えたという印象でした。
     一審と二審・最高裁とで結論が異なった事案でしたので、生徒さんの意見もバランス良く分かれてくれないかと期待していました。ですので、この展開は個人的には満足しています。

     インターネット上はおろか国会議員でさえ議論の作法を身につけていない方が散見される昨今ですが、利府西中の3年生は実に行儀良く、異なる意見を踏まえた上での自らの意見を述べておられ、大変関心いたしました。
     
     また、カリキュラム上、このような外部講師の出前授業などに割ける時間も少ないでしょうに、このような機会を設けていらっしゃる先生方の努力と創意工夫には本当に頭が下がります。少しでも期待に応えられた内容であれば良かったのですが。


    【教育関係、各種団体の皆様へのお知らせ】
     仙台弁護士会では、弁護士による出前授業・出張講座を行っております。法教育、消費者教育、働く者の権利、いじめ、児童虐待、憲法問題、セクハラ・パワハラなど充実したラインナップ。 有益な知識を広めたくてたまらない、あるいは職場環境が辛くて少しでも事務所にいたくない、という弁護士有象無象が出番はまだかと待ち構えておりますので、よろしければお申し込みを。 詳しくは仙台弁護士会のサイトへどうぞ。


    【刑事裁判や法曹の仕事に興味のある高校生へのお知らせ】
     現在、記念すべき第1回の「高校生模擬裁判大会in宮城」への参加者を募集中です。
     各高校対抗のチーム戦で、弁護士がコーチとなりチームをゼロから徹底指導。そして皆さんは検察官または弁護人の立場で、ホンモノの仙台地方裁判所の法廷に立ちます。証人尋問や論告・弁論など、プロの法曹の仕事を体験できる模擬裁判に参加してみませんか? こちらも、詳しくは仙台弁護士会のサイトまで。
     締切りは今年の12月15日までです。

    昭和53年当時、中日ドラゴンズのホームランバッターと言えば?
     東京大学法科大学院ローレビュー第12巻(2017年11月)の、白石忠志東京大学教授による寄稿「eスポーツと景品表示法」を読んでいたところ、気になる記述を見つけました。

     ここで「eスポーツ」というのは賞金付きのゲーム大会のことですが、欧米やアジアでは数千万円を超える高額賞金の大会があるのに対し、”日本では景品表示法の規制により高額の賞金の大会が開催できない”とされているが、一般人が参加できる大会と一般人は観戦するだけの大会とで分けて考えていけば、一概に高額賞金の大会ができないとも言えないでしょう(村上による超意訳)という論考です。

     そして、一般人が参加できる競技大会に対して景表法による排除命令が出た例として、昭和53年に愛知県春日井市のバッティングセンターが、ホームラン数1位の客に約30万円の中古車を進呈しようとした事例を取り上げています。
     当然、プロ野球選手が参加する企画ではなく、商品により誘引されうる一般人が参加することを想定した企画だと思われるのですが、その例えが。

     「中日ドラゴンズの谷沢健一選手や木俣達彦選手が来場して賞品をさらっていくことは,想定していなかったと窺われる。」 (94ページ)

     昭和53年で、愛知県だから、当時の中日ドラゴンズの主砲ということですね。
     渋いなあ。
    心理学検定1級に合格しました
    心理学検定合格証

     今年の春から心理学の勉強を独学で始めて、腕試しとして(数か月で腕試しというのもおこがましい話ですが)今年8月に心理学検定なる検定試験を受けたのですが、望外の1級合格となりました。

     ※ 心理学検定公式サイト http://www.jupaken.jp/

     選択科目10科目のうち、3科目以上の合格で2級、6科目以上の合格で1級の認定を受けられます。
     まあ初受験ということで2級に手が届けばと思っていたのですが、私が選択した8科目(原理・研究法・歴史 / 学習・認知・知覚 / 発達・教育 / 社会・感情・性格 / 臨床・障害 / 産業・組織 / 健康・福祉 / 犯罪・非行)の全てで合格の判定をいただきました。ありがとうございます。

     この資格があるからといって他人の心を読み取ったり操ったりできる訳ではないのですが(心理学を知らない方にありがちなイメージ)、ネットで検索した限り心理学検定を持っている弁護士は他に見当たらないので、これからもなお交渉心理学や犯罪心理学などを学びつつ、この資格の存在を売りにすることができればと思ったりなんかしています。
     
     40を手前にして脳味噌がさび付いていないことも確認できたので、非常に嬉しい結果となりました。

    仙台各地で深夜のサイレン
     きのう8月31日の夜11時ころの話ですが、遠くから何かのアナウンスとサイレンの音が聞こえてきました。

     ご存じのとおり某国が日本をまたぐミサイルを飛ばしてJアラートが鳴ったばかりですので、サイレンの音に一瞬不安がよぎります。

     ただ、以前にも同様のサイレンを聞いたことがあったので、これはダムの放流前のサイレンだなとピンと来ました。
     すぐ大倉ダムのサイトにアクセスすると、果たして、リアルタイムで放流の水量が増えていました。長雨の影響で、満水なんですね。今度台風が来たらあふれそうなくらいに。

     しかし、よりにもよってこのご時世にサイレンとは、深夜に誤解した方も多かったのではないでしょうか。アナウンスの機械も、音が反響してほとんど聴きとれませんでした。Jアラートもそうですが、もっと何かうまい連絡方法はないものですかね。
    仙台一高同窓会「寄付者芳名簿」が罰ゲーム状態
     男女共学となって久しい仙台一高。僕は高校50回生のOBですが、同窓会から協力金のお願いが来たので、1口振り込んだのが昨年のこと。

     そして今年も同様のお願いが郵便で来たのですが、開けてビックリ。
     昨年度の「寄付者芳名簿」もあわせて送られてきたのですが、一番の最年長は中学46回生で、以下1000人くらいの名前が寄付の口数とともに並んでいます。
     そして、どういう理由からか高校50回生までにしか寄付の呼びかけをしていないようで、しかも50音順のため、よりにもよって自分の名前が名簿の一番最後に!

     名簿を見ていくと、仙台弁護士会の諸先輩の名前も見つけることができるのですが、諸先輩は5口、10口と寄付している中、弁護士で1口しか寄付していない自分の名前が一番最後。

     なんという罰ゲーム状態、寄付しなきゃよかった。

    チャーハンが食べたかっただけなのに
     いきなりですが、中華料理屋さんのパラパラのチャーハンを無性に食べたくなることはありませんか?
     今日の私がまさにそれで、先ほど事務所近くの「楽道」という中華料理屋さんにお昼を食べに行きました。

     メニューを開いて、ランチメニューからさっそく「炒飯セット」を注文しました。この店のランチはセルフサービスのサラダとコーヒー、それにお漬物と杏仁豆腐までつきます。700円。
     そして、運ばれてきたのが。こちら。

    CM170619-124033001.jpg

     しまった! この店のセットはラーメンが主体だった!
     おいしいけどね、胃袋がチャーハン待ちになっていたので不意打ち。

    CM170619-125601001.jpg

     帰り際、たしかにメニューを見たらセットメニューについては「サラダ・漬物・デザート・ミニ丼・ラーメン」と書いてあって、ラーメンに何か一つミニのご飯ものがつくという建前になってました。ラーメンを最後に書いちゃうか、そうか。
     満腹になりながら、メニューをしっかり読まなかった自分を反省しています。

     しかし旨い安い早いの三拍子に加え、盛りも良いご飯をいただいて、何を反省することがあろうか。

    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈