お知らせ・更新情報
    (事務所外観、クリックで拡大) 
    keisei01.jpg keisei02.jpg keisei03.jpg

     本年も変わらぬごひいきのほどお願い申し上げます。。



    (お知らせ)
     2011年6月、村上法律事務所は青葉区片平から一番町に移転しました。古いカーナビの情報を頼りにして、前の片平の事務所へ向かってしまった方がこれまで数名ほどおられます。くれぐれもご注意を。
     電話・FAX番号に変更はありません。


     案外本気で信じ込まれてしまう小咄
     「村上さんの事務所、どうして今の場所に移転したの?」 「そりゃ、目の前に酒のやまやがあるからですよ」

    ID:5lh2fd
    チャーハンが食べたかっただけなのに
     いきなりですが、中華料理屋さんのパラパラのチャーハンを無性に食べたくなることはありませんか?
     今日の私がまさにそれで、先ほど事務所近くの「楽道」という中華料理屋さんにお昼を食べに行きました。

     メニューを開いて、ランチメニューからさっそく「炒飯セット」を注文しました。この店のランチはセルフサービスのサラダとコーヒー、それにお漬物と杏仁豆腐までつきます。700円。
     そして、運ばれてきたのが。こちら。

    CM170619-124033001.jpg

     しまった! この店のセットはラーメンが主体だった!
     おいしいけどね、胃袋がチャーハン待ちになっていたので不意打ち。

    CM170619-125601001.jpg

     帰り際、たしかにメニューを見たらセットメニューについては「サラダ・漬物・デザート・ミニ丼・ラーメン」と書いてあって、ラーメンに何か一つミニのご飯ものがつくという建前になってました。ラーメンを最後に書いちゃうか、そうか。
     満腹になりながら、メニューをしっかり読まなかった自分を反省しています。

     しかし旨い安い早いの三拍子に加え、盛りも良いご飯をいただいて、何を反省することがあろうか。

    日本酒と西公園と…。
     先日の日曜日、東北絆まつりの一環で行われていた日本酒のイベントに行ってきました。

     題して「日本酒と西公園と…。」というそのままの名前のイベントなのですが、20以上の酒蔵が青葉区の西公園にブースを出して、明るいうちから楽しく利き酒ができるという夢のような企画です。
     しっかり前売り券(2500円)を買っていたのですが、会場で利き酒チケットおちょこ20杯分、おつまみチケット500円分と引き換え。しかも、おちょこも1個もらえるのですから安いもの。

     会場の西公園にはずらりとブースが並び、さあどこから飲ませてもらおうかと目移り。しかも、1つのブースには2~4種くらいのお酒が用意してあって、さらに参加者を迷わせます。
     宮城の蔵はいつでも飲めるということで、まずは一番手前にあった茨城のお酒からスタート。

     酔っ払って味が分からなくなる前にきちんと記録をしておこうと思い、スマホに簡単な感想を残しておきました。途中から気持ちよくなってやめてしまいましたが。
     以下、そのときのメモです。

    ☆茨城・月の井酒造 夏純米 甘口スッキリ、
    山形・秀鳳 亀の尾純米吟醸 辛口どっしり、
    ☆☆秋田・秀よし 松声純米吟醸 上品スッキリ、
    ☆☆☆秀よし 原酒 旨味が最高、
    ☆☆秋田・両関 翠玉純米吟醸 舌に残る旨味、
    山形・六根醸 酸味強め、
    岩手・百磐純米吟醸 やや辛口、
    ☆秋田・まんさくの花 純米吟醸生原酒 やはり旨いスッキリ、
    ☆☆福島・會州一 夢の香純米吟醸 上品な香り、
    ☆☆秀よし ひまわり コクキレともによし、
    ☆栃木・飯沼銘醸 姿 純米吟醸 バランス良し、
    宮城・蔵王特別純米 普通に美味しい

     メモはここで終わっています。あと何杯かはいただいたはずなのですが…。
     読み返してみると最後の「普通に美味しい」とか、もう手抜きですね。チケット20杯分、残念ながら使い切れませんでした。2日間通して開催されているイベントなので、2日がかりで参加すべきだったと後悔しています。

     ☆の数は個人的なお気に入りの度合いですが、秋田の「秀よし」という銘柄が大当たりでした。このブースで最初にいただいた「松声」がヒットだったので、続けて「原酒」をリクエストしたところこれが場外ホームラン級の美味しさでした。原酒なのでもちろん強いのですが、日本酒の旨味が凝縮されたような濃厚な味わいがガツンときました。
     その後いくつか回ったものの、「秀よし」を上回るインパクトのお酒はなかったです。
     調べたところ、秋田県大仙市にある鈴木酒造店というところのお酒だそうです。秋田県の日本酒と言えば「刈穂」や「まんさくの花」など有名どころが多く、これらのブースも大行列となっていましたが、まだまだ知らない良い酒があるものですね。
     
     とても素敵なイベントだったので、ぜひ来年も、いやできれば半年に一度くらいの頻度でやってもらえませんでしょうか。今度は光のページェントの時期あたりに熱燗で美味しいところを集めていただくとか、ぜひお願いします。
     
     ところで、「良い酒は二日酔いにならない」というのが私の持論なのですが、月曜日の今日、もちろん二日酔いにはならず普通にお仕事をしました。
     今日も仕事はこれで終わり。そういえば気仙沼の水鳥記・夏酒が冷蔵庫で冷えているはず。きのうはアウェイでの遠征試合だったので、今夜はホームの試合になりそうです。
     

    放送大学
     先日、海外ドラマにハマっていることを書きましたが、もう一つ今年の春からハマっていることに、テレビの放送大学を「受講」しています。
     とは言っても正規の受講生ではなく、BSで放送されている放送大学の番組のうち、面白そうな物を録画して朝の時間に見るだけのモグリの受講生です。テキストも買っていません。
     学生の頃に勉強しなかった反動かもしれませんが、今になってこういうものを面白く感じるようになりました。少年老いやすく・・・ですね。
     この春から聴講しているものとしては、心理学の科目が多いです。

    認知心理学(’13)
     われわれ法律家の世界では、「証人の記憶についてはくれぐれも取り扱いに注意しろ」と刑事訴訟法の伝聞証拠の章や刑事裁判の修習で口を酸っぱくして教えられるのですが、この講義は記憶の心理学を取り上げており、なるほど、こういう議論がバックボーンにあったのかと再確認することができました。
     そういえば、昔の司法試験では「法律選択科目」として「心理学」も受験科目にあったそうですから、ある程度心理学の素養を有することは法律家にとって有用なことなのでしょう。

    危機の心理学('17)
     ニューマンエラーはなぜ起こるのか、社会とのつながりがない孤独な人の寿命が短くなるのはなぜか、など毎回興味深いテーマです。話の種になりそう。

    乳幼児心理学('16)
     被験者の赤ちゃんには実験をした後にインタビューができないので、赤ちゃんの能力を測るためにはちょっとした工夫が必要になってきます。たとえば2つの絵や動画を示して、どちらを長く見たかなど。これまで幾多の科学者が工夫をこらしてきた戦いの歴史と、そこから明らかになった驚くべき赤ちゃんの能力に感心する講義です。
     話の種として一番面白いと思ったのは、赤ちゃんが母親のお腹の中にいるときに母親の言語的特徴を聞いて理解していて、フランス語を話す母親から生まれた赤ちゃんと、ドイツ語を話す母親から生まれた赤ちゃんでは、泣き声の高さが違うそうです。フランス語の方が高いとか。へぇーって思いますよね。
     赤ちゃんも3か月と5か月ではずいぶんと能力が違うそうで、もっと前から知っておきたかったと思いました。
     お母さんの膝の上に載せられている赤ちゃんの実験映像を見るだけでも楽しい講義です。

    中国語Ⅰ(’14)
     2回目で挫折しました。発音がどうしても分からない。語学は、見ているだけではダメですね。

    青葉区あけぼの町・荒巻コミュニティ・センター
     昨日25日は青葉区の荒巻コミュニティ・センターにお邪魔してきました。

     生まれも育ちも太白区の私ですが、荒巻エリアに来たのは初めてです。非常に閑静な住宅街という印象を受けました。鳥のさえずりの声が響き渡り、住環境としては素晴らしいと思います。ただし、道が曲がりくねっていて、地図からは読み取れないアップダウンもあって、非常に分かりにくいですね。迷子になりかけました・・・。

     きのうも先週の八幡のときと同様、お昼を食べられそうな店を探して少し歩いてみたのですが、残念ながら住宅地、隠れ家的なレストランも見当たらず。お惣菜が美味しそうなお肉屋さんや、十四代を出す居酒屋は見かけたのですが、求めているのと違う。探し方が足りなかった?
     仕方なくヨークベニマルでお弁当を食べました。
     
     
     さて、6月の講話・相談会のお知らせです。次回は、6月18日(日)午後1時より、泉区上谷刈のギャラリー杜の音さんでの開催です。

     私の担当テーマとしては、遺言で失敗しやすい点、老後・認知症に備えての民事信託、任意代理(委任)・見守り契約、後見、さらにトラブル続出の「相続ビジネス」の一つ、サブリースの問題点について。
     「●●歳以上の高齢者は、自宅や入居中の施設まで弁護士を呼んで無料で相談できる制度がある」
     「■■円以上の資産を持っている方が認知症になったら、家族が後見人にはなれない可能性が高い」

    とか、他の類似したセミナーでは聞けないであろう話をやらせてもらいます。

     毎回の参加者の反応を見ながら、もっと分かりやすく、また興味を引きそうな内容を増やすなど、修正を重ねております。今回も参加無料ですので、ぜひご来場ください。

     詳しくは下記のチラシをクリックしてください。

    20170618.jpg

    落語教育委員会・仙台公演
     24日は仙台市民会館まで、落語を聴きに行きました。
     毎年仙台で公演が行われる三人会の「落語教育委員会」で、出演は三遊亭歌武蔵、柳家喬太郎、そして新メンバーの三遊亭兼好のお三方。

     最初のコントは西部警察風(訂正:殉職するのは「太陽にほえろ!」でしたね。ファミリー劇場の再放送を見て気づきました)の設定で、殉職した刑事に代わり新メンバーを迎えるという内容。この下りは旧メンバーで昨年亡くなられた柳家喜多八師匠を彷彿とさせました。
     あれは一昨年の会でしたかね、恋するフォーチュンクッキーを踊る二人の師匠の間で、踊りの振り付けを覚えられず所在なく座っていた喜多八師匠の姿。なんとも言えぬ申し訳なさそうな表情が思い出されます。

     前座さんの開口一番に続き、キョンキョンこと喬太郎師匠は上映中の主演映画「スプリング、ハズ、カム」の話題から、演目は「粗忽の使者」。どういう噺かというと、粗忽者の使者が諸事情で尻をまくり、それに向かい合う男が「汚ねえケツだなあ」とか「袋の裏あたり」とか言う噺です。誤解されそうですが、ホモセクシャルな話ではありません。

     元力士である歌武蔵師匠のマクラは、先月亡くなった師匠の圓歌さんが救急搬送されてから葬儀までの様子を描写。私は世代的に「山のアナ」の歌奴の頃は知らないのですが、ご高齢の観客の方々が懐かしそうに頷いていらっしゃいました。そこから話は休場した稀勢の里、高安の体毛のことまで及び、演目は力士の人情話「稲川」。

     そして会津若松出身の兼好師匠は「つぼ算」。説明も不要なくらい有名な噺なので、逆に噺家さんごとの演じ方に腕の違いが出るところですが、登場する番頭も買い物上手な兄貴も実に表情とリアクションが豊かで、楽しい一席でした。

     落語っていいものですね。私も隠し芸として一席ぶることができたらと思ったりすることもあります。どこかで習えないものでしょうか。
     例えば反対尋問のときに「するってえと何かい?」とウッカリ出てしまうとか、なかなか楽しいかもしれません。

    八幡コミュニティ・センター(東北大学病院前)界隈を街歩き
     5月18日は八幡コミュニティセンターでの講話・相談会でした。
     1時開場の予定でしたので、それまでお昼を食べる店を探しながら大学病院前を街歩き。

     実はこの春から東北大学の某組織から外部委員のお仕事を頼まれまして、先月も会合に出席した際にこの界隈を歩いたのですが、門前薬局はもちろんのこと、いろいろ美味しそうな飲食店のある地域でもあります。
     レンタサイクルのダテバイクを病院前のポートで返却し、先日お年寄りが車で突っ込む事故のあった薬局前から八幡方向へ街歩きスタート。ちなみに薬局はベニヤで応急処置をしていましたが、営業中でした。

     道すがら、ふらっと立ち寄った「哲麺」というラーメン屋でシジミ出汁ラーメンという珍しいメニューを見つけました。
     珍し物好きな私としては迷わず注文したのですが、白っぽい豚骨ベースのスープには確かにシジミの出汁が利いていて、中太麺との相性も良い。水菜にみじん切りの玉ねぎもアクセントになっていて、お値段ワンコインの500円。
     これは間違いなく当たりですね。たぶん医学部生とかが食べに来ているんでしょうか、客層は学生さんが多い印象でした。

     さらに西へ歩くと、珈琲専門店の「カフェ ド リュウバン」。
     最近リニューアルされたようで、新しい店舗になっていました。ここでのお勧めは、間違いなくテイクアウトのコーヒー。Sサイズ100円という値段で、驚くほど美味しい珈琲が飲めます。まったくの主観ですが、たぶん仙台で一番美味しいテイクアウトのコーヒーはこの店だと思っています。なお喫茶店ではないので、残念ながら座って飲むことはできません。ですが、街歩きのお供にはちょうどいいところ。
     ついでに買いたいのが、メープルシロップで甘く味付けしたカシューナッツ。これはお茶請けにぴったりです。 (コーヒーのときもお茶請けと言っていいのでしょうか?)
     もちろんメインの商品であるコーヒー豆の品揃えも目を見張るものがあります。

     この日の八幡コミュニティセンターでの講話・相談会も、熱心な参加者のおかげで充実したものになりました。またお邪魔することもあると思います。

    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈