利府西中学校での出前授業
     今日は、私を含む若手の弁護士4名で利府町立利府西中学校まで出前授業に行ってきました。

     学校からの要望としては、実際の憲法判例を題材にして生徒にディベートさせたいとのこと。また、薬事法判決や出版差し止めなどの判例を授業でも扱ったともうかがっており、その授業のレベルの高さには驚かされます。
     
     今回われわれが選んだ題材は、神戸高専事件。
     これは、絶対的平和主義の立場で格技を禁止する宗教の信者である生徒Xが、体育で剣道を実施している高専の授業に参加せず、その結果留年・退学処分を受けたという事案です。
     生徒Xは剣道の授業の代替措置としてレポートを作成・提出するも、高専側は代替措置を認めず。その結果、留年が続き生徒Xは退学処分となりましたが、これを取り消せという裁判です。
     生徒の信教の自由と、高専側の教育内容を決める裁量や政教分離原則とが対立する事案です。

     授業ではまず、差し障りのないよう宗教名や学校名を伏せて、事案をコンパクトにまとめて生徒さんに紹介しました。
     そして、信教の自由が憲法で保障されている理由や、信教の自由は内心では絶対的に保障されるが、行動を伴う外部との関わりでは制約を受けることなどを簡単に講義。
     その上で、生徒さんにどちらかの立場に立つか分かれてもらい、双方の立場から意見を述べてもらいました。
     比率としては、最初は2~3対1くらいの割合で高専側に立つ生徒さんが多かったものの、それぞれの立場からの議論を経て、最終的には生徒X側を支持する生徒が少し増えたという印象でした。
     一審と二審・最高裁とで結論が異なった事案でしたので、生徒さんの意見もバランス良く分かれてくれないかと期待していました。ですので、この展開は個人的には満足しています。

     インターネット上はおろか国会議員でさえ議論の作法を身につけていない方が散見される昨今ですが、利府西中の3年生は実に行儀良く、異なる意見を踏まえた上での自らの意見を述べておられ、大変関心いたしました。
     
     また、カリキュラム上、このような外部講師の出前授業などに割ける時間も少ないでしょうに、このような機会を設けていらっしゃる先生方の努力と創意工夫には本当に頭が下がります。少しでも期待に応えられた内容であれば良かったのですが。


    【教育関係、各種団体の皆様へのお知らせ】
     仙台弁護士会では、弁護士による出前授業・出張講座を行っております。法教育、消費者教育、働く者の権利、いじめ、児童虐待、憲法問題、セクハラ・パワハラなど充実したラインナップ。 有益な知識を広めたくてたまらない、あるいは職場環境が辛くて少しでも事務所にいたくない、という弁護士有象無象が出番はまだかと待ち構えておりますので、よろしければお申し込みを。 詳しくは仙台弁護士会のサイトへどうぞ。


    【刑事裁判や法曹の仕事に興味のある高校生へのお知らせ】
     現在、記念すべき第1回の「高校生模擬裁判大会in宮城」への参加者を募集中です。
     各高校対抗のチーム戦で、弁護士がコーチとなりチームをゼロから徹底指導。そして皆さんは検察官または弁護人の立場で、ホンモノの仙台地方裁判所の法廷に立ちます。証人尋問や論告・弁論など、プロの法曹の仕事を体験できる模擬裁判に参加してみませんか? こちらも、詳しくは仙台弁護士会のサイトまで。
     締切りは今年の12月15日までです。

    新しくなった登米法律相談センター
    944073_909346109179641_8118093612103769296_n.jpg

     今日は仙台弁護士会・登米法律相談センターに行ってきました。

     余裕を持って仙台を8時に出ましたが、三陸道が思いの外順調に流れており、予定より1時間早く10時には着いてしまいました。
     登米市内も道路の雪は解けていましたが、田んぼや駐車場などにはまだまだ残っています。

     この登米の相談センター、これまで入っていた建物が昨年取り壊され、現在はすぐ近くに建った新しい建物の2階に入っています。

     入って早々に揺れを感じ、すわ地震か!?と思ったところ、どうやら表通りを大型車が走り抜けただけのようでした。新しい建物で室内は清潔感にあふれていて、ちょくちょく揺れて酔いそうなことを除けば最高の環境です。お近くの方はぜひご利用ください。
     なんせ今なら相談無料ですからね。

     さて、きょうの相談の予約はゼロ件ですか。まあ覚悟はしていましたけど。週2回の営業でもこれでは、いよいよ閉鎖へのカウントダウンじゃないですかね。あるいはワゴン車を会で買って、それを弁護士に運転させて巡回相談というのはどうよ。

     特に午前中はすることもなく、今度の出前授業で小学生を前に話す漫談(職業講話とも言う)のネタ作りをしていました。ついでに写真まで撮って、Facebookに登米相談センターのページを作ったり

     お昼は天然鰻で有名な東海亭に行き、天丼を注文。エビ天2本にナスの天ぷらでしたが、いい油でカラッと揚げられていて、エビも柔らかく、大変美味しくいただきました。
     ちなみに、なぜ鰻を注文しなかったかというと、嫁から鰻弁当を買って帰ることを厳命されていたからです。どうやら私一人で鰻を食べてはいけないようです。

     午後から1件ほど相談がありましたが、税金に関することでした。一般論と、手元の早見表でおおよその回答をしましたが、確実なことは税務署か税理士さんに聞いてくださいな。

     その後も何事もなく、おしまい。結局は、持って来た専門書を読んだりするだけの1日でした。

     もういっそのこと、他士業と合同で相談センターを置くことにしたらいいんじゃないですかね。もうすぐ日弁連会長選挙で、いまだに主流派の候補者がどうのこうのと言ってますが、地方の法曹需要なんてこんなものですよ。
    気仙沼に行ってきました
     昨日25日は仙台弁護士会・気仙沼法律相談センターへの出張でした。

     震災前は気仙沼駅そばにあった相談センターが、震災後に今の場所に移転(仙台弁護士会のサイト)。
     センター隣の駐車場で、面白い車を見かけました。

    IMG_8001.jpg

     気仙沼といえば、マギー審司さん。ご実家の電気屋さんの車だそうです。「耳がでっかくなっちゃった」。

     相談の後は、鹿折地区の復興商店街で地酒とお菓子(ほやぼーやサブレ)を買って帰りました。まだシャッターがひしゃげたままの建物もあります。土地をかさ上げするための土砂を運ぶトラックも行き交っています。
     ようやくでもあり、まだまだでもある、そんな感想を持ちました。

     この夏休み、何も予定の決まっていない方は、被災地の沿岸部を旅行されるのもいいかもしれません。美味しいお寿司に地酒、あるいはいろんなお土産品など、復興支援のためにお金を使うのはどうですか。
    明日は気仙沼へ出張
     日本代表の試合が5時からですので、気仙沼まで睡眠不足の運転にならないよう気をつけたいと思います。
    この1週間に4回市民センターへ
     ある大規模なお仕事を任せていただき、週に3回同じ市民センターへ足を運びました。

     また、法律相談のお仕事で別の市民センターへ。

     1週間に合計4回。似たような仕事がない限り、こんなペースで市民センターに行くことはもうないでしょうね。
    古川法律相談センター近くのバッティングセンター
     昨日は久しぶりに古川の法律相談センターにおじゃまして来ました。

     古川出張の楽しみは、裁判所近くのバッティングセンター。200円で24球を打てますが、昼休みに24振してきました。「ゲームセンターCX」の有野課長もそうですけど、帰宅部の野球未経験者には一番遅いマシンでもハードルが高いです。


     道すがら、大和ハウスの立派な建物が建設中でしたが、建築主の名前を何気なく見たらO先生のお名前。7月末完成予定。
    法テラス東松島
     今日も法テラスの話し。とはいっても、今日は法テラスの良心サイド、法テラス東松島へ出張相談に行って参りました。

     震災後、宮城県内には法テラス南三陸(気仙沼市)、法テラス東松島、法テラス山元の3箇所の被災地出張所ができまして、これまで南三陸に2回、山元に1回お邪魔したことはあったのですが、東松島だけは担当が回ってくる機会がありませんでした。
     今回、始めての東松島ということで気合を入れて、震災相談マニュアルを読み返す等準備万端で訪問。そうしたら、嬉しいことに6組の相談がありました。

     さぞかし震災でお困りなんでしょうと手ぐすね引いていたのですが、開けてビックリ、震災絡みの相談は1件もなし。交通事故2件、離婚等2件、その他2件。ついでに言えば、事件の受任に至る問題はゼロ。

     うーん、利用者がいることは大変ありがたいのですが、震災絡みがなかったのは偶然なのか、被災地出張所として役割はこれでいいのか、考えるところがありました。

     でも法律相談は、多くの方の役に立てるという意義を感じる点でやり甲斐がありますし、また限られた時間で事情を伺い回答を組み立てる作業が面白いので、お呼ばれすることは本当に嬉しく思います。


     今日の相談ハイライト。
     甲が乙に金を貸したが、乙が3年間●●すればその貸金を免除するという約束がされていた。その後、乙が●●を2年6か月続けてきたが、それを甲が妨害し、3年間の継続ができなかったという事案(一部改変のうえ伏せ字)。

    「これはね、条件の成就を妨害した場合の問題ですね。ちょっと六法を引いてご説明しましょうか、確か民法130条だったと思いますが(といいつつ六法を引いて)ほら130条。」

     相談者の目の前で条文の数字をさらっと述べる。これを見た素人さんが「さすがは弁護士、六法が頭に入っている」と関心するのではないか。
     ・・・などと思いながら、引く必要のない六法をあえて引いて説明する自分。人間が小さいと思います。
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈