青葉区あけぼの町・荒巻コミュニティ・センター
     昨日25日は青葉区の荒巻コミュニティ・センターにお邪魔してきました。

     生まれも育ちも太白区の私ですが、荒巻エリアに来たのは初めてです。非常に閑静な住宅街という印象を受けました。鳥のさえずりの声が響き渡り、住環境としては素晴らしいと思います。ただし、道が曲がりくねっていて、地図からは読み取れないアップダウンもあって、非常に分かりにくいですね。迷子になりかけました・・・。

     きのうも先週の八幡のときと同様、お昼を食べられそうな店を探して少し歩いてみたのですが、残念ながら住宅地、隠れ家的なレストランも見当たらず。お惣菜が美味しそうなお肉屋さんや、十四代を出す居酒屋は見かけたのですが、求めているのと違う。探し方が足りなかった?
     仕方なくヨークベニマルでお弁当を食べました。
     
     
     さて、6月の講話・相談会のお知らせです。次回は、6月18日(日)午後1時より、泉区上谷刈のギャラリー杜の音さんでの開催です。

     私の担当テーマとしては、遺言で失敗しやすい点、老後・認知症に備えての民事信託、任意代理(委任)・見守り契約、後見、さらにトラブル続出の「相続ビジネス」の一つ、サブリースの問題点について。
     「●●歳以上の高齢者は、自宅や入居中の施設まで弁護士を呼んで無料で相談できる制度がある」
     「■■円以上の資産を持っている方が認知症になったら、家族が後見人にはなれない可能性が高い」

    とか、他の類似したセミナーでは聞けないであろう話をやらせてもらいます。

     毎回の参加者の反応を見ながら、もっと分かりやすく、また興味を引きそうな内容を増やすなど、修正を重ねております。今回も参加無料ですので、ぜひご来場ください。

     詳しくは下記のチラシをクリックしてください。

    20170618.jpg

    【訂正あり・法定相続情報証明制度】開始直前のはずなのに?
    (5月26日・訂正追記します。)
     後記の記事を書いた後に、法務局のサイトに5月15日付けで情報が更新されていたことに気づきました。 http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/page7_000014.html 
     主な法定相続情報一覧図の様式及び記載例については5月17日付けの更新で掲載されています。




     法務省のサイト( http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00284.html )あるいは法務省のサイト( http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/page7_000013.html )によれば、平成29年5月29日(月)から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まる…はずなのですが、開始まで1週間を切っているにもかかわらず、その後の続報がありません。

     例えば申出書の書式や記入見本などがアップされていてもいいと思うのですが(法定相続情報⼀覧図=家系図については書式例がある)、本日現在のところ見当たりません。この申し出をしてから、何日程度で証明書を出してもらえるかも分かりません。
     様々な点でいまだ謎が多い制度です。

     司法書士さんの業界では研修などもあるようですが、我々の業界では特に研修やお触れ書きなどは出回っておらず、あまり話題に上っておりません。
     しかし、手数料は無料ですので、近いうちに私も手がけている相続の案件で証明の申し出をしてみようと考えているところです。ただし、おそらく29日には申し出が殺到して、しばらく法務局がパンクするんじゃないだろうかという気がします。随分と急に始まったという印象の制度ですが、法務局側の準備は間に合っているのでしょうか。果たしてどうなることやら。

    講話と個別相談会のお知らせ(5月は青葉区八幡と荒巻)
     告知です。
     4月に引き続き、参加無料の講話と個別相談会のお知らせです。

     福祉施設が開く「講話と個別相談(無料)」 相続や認知症で知っておきたいこと
     主催(共催):ギャラリー杜の音、(株)デザイン工房、ルクール、(株)デザインパートナーズ、(一社)あんしん生活工房


     5月は次の2会場で開催されます。あやしい物を売りつけたり勧誘したりする場ではないので、手ぶらで来て下さい。お金も判子も要りません。
     むしろ、あやしい話や落とし穴から身を守る、そんなお話しをさせていただきます。

     5月18日(木) 講話:午後1時15分~ 相談会:午後3時15分~4時45分
     会場:八幡コミュニティ・センター (仙台市青葉区柏木二丁目3番50号)
     東北大学病院の西側ですね。たぶん私はレンタサイクルのダテバイクを利用して、大学病院前のポートに停めて会場入りすると思います。

     5月25日(木) 講話:午後1時15分~ 相談会:午後3時15分~4時45分
     会場:荒巻コミュニティ・センター (仙台市青葉区あけぼの町12番20号)
     仙台の市民センターやコミセンはこれまで15か所くらい回っていますが、荒巻のコミセンにお邪魔するのは初めてです。楽しみにしております。

     4月は将監西コミセンと福室市民センターの2会場で行いましたが、特に福室では参加者の方から熱心な質問が相次ぐなど盛り上がり、「参加して良かった」などの好評の声をいただきました。
     この会は福祉施設のギャラリー杜の音さんが主催するもので、高齢者が財産と生活を守るための知識を普及するという理念に賛同してこれまで参加してきましたが、この理念が少しずつ実現していることを実感しています。感謝の声という形でレスポンスがあることにはやりがいを覚えます。

     今回も、予約不要・完全無料・質問自由です。なお相談会の方は時間の制約があるので、予約を入れた方が優先となるそうです。ご予約は 022-735-8862 ギャラリー杜の音まで。
     「ご近所の方がいる手前、その場では相談しにくい」という方には、日を改めて無料相談の機会を設けたいと思いますので、お気軽にお声がけいただければと思います。
     まずはお気軽に話だけでも聞いてもらえればと思います。今回もよろしくお願い申し上げます。

    講話と個別相談会のお知らせ(将監西と福室)
     ひさびさに、ゲスト講師としてお誘いを受けました。
     福祉施設の主催する、参加無料の講話と個別相談会のお知らせです。

     4月20日(木) 講話:午後1時15分~ 相談会:午後3時15分~4時45分
     会場:将監西コミュニティセンター (泉区将監13丁目20-1)

     4月27日(木) 講話:午後1時15分~ 相談会:午後3時15分~4時45分
     会場:福室市民センター (宮城野区福室5丁目9-36)

     私の担当は相続にまつわる法律とありがちなトラブルの話、法定後見制度のマイナス点、そして相続税の節税対策で特に気をつけるべきサブリース被害などになります。
     今回の講話の内容については、他の講師2名と数回にわたる綿密な打ち合わせを経ております。単なる知識の羅列をするのではなく、具体例を豊富に分かりやすくタメになる内容にしようと推敲を重ねました。お時間の許す方はぜひご来場下さい。

     予約不要でご参加いただけますが、相談会の方は時間の制約もあるのでなるべくご予約を入れていただけるとありがたい、とのことです。ご予約は 022-735-8862 ギャラリー杜の音さんまで。
     
     将監西・福室
     (画像はクリックで拡大)
    某民間資格、更新しません
     相続に関して某民間資格を持っていたのですが、更新せずに登録をやめることにしました。

     理由は、その資格名で検索してくる人がほとんどいないため。一応、このブログもどんな検索ワードで皆さんがたどり着いているかが分かるようになっているのですが、「なんちゃらカウンセラー」などで調べてきた人は年に数人くらいしかいません。

     会員登録しているからって、資格名を名乗れる以外に何かメリットがあるかと言えば、しょうもない内容のメルマガばかり。相続法改正の動向や非嫡出子の相続分に関する判例などの情報提供もなし。
     これじゃ資格商法と言われても仕方ないでしょうね。もう上納金を払って片棒を担ぎたくない。

     ちなみに、相続に関する民間資格は少なくとも5つくらいあるそうです。資格を作る側は儲かるんでしょう。
    自分の勘違いでお客様にご迷惑をかけた事例
     自分の勘違いでお客様にご迷惑をかけた事例があったので、反省の意味を込めて記録しておこうと思います。

     先日、相続放棄の相談を受けたのですが、その際に未受給の年金については請求してもいいのかと問われました。

     これについて、年金は故人(被相続人)の生前に請求権が発生しているのであるから、相続財産としてその相続人が請求権を相続する形になるのでは、と一般の債権同様に考え、「遺族による未受給年金の請求・受領は単純承認に当たるおそれがあるから控えた方がいい」と誤った回答をしてしまいました。

     その後、相談された方が年金の窓口で異なる説明を受けたとの問い合わせがあり調べたところ、国民年金法19条1項・厚生年金保険法37条1項などが未受給年金について配偶者等が「自己の名で」受け取れるものと規定しており、相続の対象ではないと判示する最高裁判例があることを知りました。
     年金関係の法令・制度は不得手とはいえ、ご迷惑をおかけしてしまいました。


     ちなみにネットで見てたら、自分同様に「遺産相続」を注力分野とされている大阪の森田弁護士もまったく同じ間違いをしていました。他の人が間違っていたから自分が正当化される訳ではないですが・・・
     http://www.bengo4.com/sozoku/1051/b_331562/ 「弁護士ドットコム」
    告知です(旭ヶ丘市民センター)
     3月25日(水)午後1時15分から、旭ヶ丘市民センターでの相続の無料講習会・無料相談会に登場します。
     相談は予約された方を優先させていただきますので、下記のチラシの担当者宛に相談の予約をしたい旨をお伝えください。(市民センターの主催ではありませんので、会場への問い合わせはご遠慮ください。)
     
     よろしくお願い申し上げます。

    20150325旭ケ丘
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈