当時は誰も安全性を疑うことがなかった
     おばんです。弁護士の村上匠です。

     当時は安全性を誰も疑うことがなかった製品や行為なのに、後々になって社会問題化したものはいくつもあります。
     例えば、最近仕事上の必要があり少し勉強したのですが、建設現場などで幅広く使用されたアスベストは、徐々にその危険性が明らかになり、その後法整備が追いつき、使用が規制されるに至りました。
    アスベスト禍はなぜ広がったのか―日本の石綿産業の歴史と国の関与アスベスト禍はなぜ広がったのか―日本の石綿産業の歴史と国の関与
    (2009/06)
    中皮腫じん肺アスベストセンター

    商品詳細を見る

     B型・C型肝炎は、現在では絶対に行われない(ただし、いけないクスリの中毒者は除く)注射器の回し打ちが原因の一つですし、公害事件なんかも、工場から排出される物質の危険性が後になって判明したという事案がほとんどですね。

     なぜそのような話をしたかと言うと、今度日弁連が、「身の回りの電磁波とその問題」というテーマのシンポジウムを行うというニュースを目にしたためです。

     電磁波も、一部では危険性を指摘する声もあり、欧米では規制が始まっているそうなのですが、わが国ではまだ何の規制もありません
    (4月1日追記)鎌倉市で規制する条例ができたとの情報をコメント欄よりいただきました。


     普段から家電製品や携帯電話を使用する我々としては、後になって「実は重大な悪影響が」とか、「なんで早く規制しなかったんだ」とか言われたらたまったものではないです。もしそうなったら、メーカーが軒並み訴えられることになるのでしょうね。

     シロなのかクロなのかは今後の研究を待たねばなりません。
     しかし、「推定有罪」としてなるべく電磁波に近づかない生活を送ろうかなと思いました。現実にはかなり難しいでしょうけど・・・。


    にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
    にほんブログ村
    ↑クリックしていただければ、このブログの順位が上がります。
    裁判傍聴って、流行ってるんですか?
    おばんです。弁護士の村上匠です。

    今朝、裁判所の前で記念撮影をしている若い女性の2人組を見かけました。
    どういう理由からでしょう? この春から大学の法学部に進学されたのか、それとも裁判傍聴に来られたのか。

    裁判傍聴といえば、仙台でも傍聴をする人が増えてきているのか、地裁の廊下で一般の方から呼び止められて、質問を受けたことがあります。
    もちろん守秘義務に反することには答えられませんが、司法制度に興味・関心を持ってもらうことはいいことだと思うので、法制度や裁判手続きなどについては積極的に答えるようにしています。
    ただ僕みたいな弁護士は少数派なので、あまり廊下で弁護士を呼び止めないようにしてください。

    パ・リーグの予告先発みたいに、「国選弁護人村上匠が、何月何日何時の○○事件に出廷します」みたいな情報公開でもしてみようか、などと愚考しました。
    しかしこれは誰も得しない情報ですね。僕の引き受ける国選事件では、面白いものはありませんし。
    阿曽山大噴火さんの傍聴記みたいな面白事件は、そうそうないです。

    見に行くのだったら普通の刑事裁判より、裁判員裁判の方が見ごたえがあると思いますよ。
    いずれ廃止される前に一度行ってみるのもよいかと。

    にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
    にほんブログ村
    ↑ 皆様のワンクリックでランキングの順位が上がります。
    4月15日遺言の日特別企画
    おばんです。弁護士の村上匠です。
    仙台弁護士会から遺言の日をお知らせするチラシをもらいましたので、ご紹介します。

    平成22年4月15日(木)、「遺言の日特別企画」と題しまして、「市民法律セミナー&無料法律相談」(入場無料)が仙台弁護士会館4階大会議室で開かれます。

    タイムテーブル
    13:30 開場
    14:00~16:00 講演「遺言する人・しない人」(講師:赤松實弁護士)&質疑応答
    16:00~17:00 無料法律相談(担当:仙台弁護士会所属弁護士)

    ただし、無料法律相談は先着18名まで、法律相談はお一人様20分までだそうです。
    詳しくは仙台弁護士会公式サイトのお知らせページへ。

    以上お知らせでした。

    「先着18名の枠に入れないかも」「20分じゃ足りないかも」と不安の方は、弁護士会館斜め向かいのマンションにある法律事務所はいかがでしょう(笑)。相談料こそ頂戴しますが、人数も時間も制限はありませんよ。

    それにしても、4・15で「良い・遺言(いごん)」と読ませて、遺言の日としているとは知りませんでした。
    弁護士の紹介
    弁護士 村上 敏郎(むらかみ としお)

    1953年、宮城県白石市生まれ。白石高校、東北大学法学部卒。司法修習30期修了。
    趣味 山歩き
    山野草やキノコの知識は、仙台弁護士会で右に出る者はいないとされる。


    弁護士 村上 匠(むらかみ たくみ)

    1979年、宮城県仙台市生まれ。村上敏郎の長男。向山幼稚園、太白小学校、人来田中学校、仙台第一高校、横浜国立大学経営学部会計・情報学科、金沢大学法科大学院卒。司法修習62期修了。
    資格 宅地建物取引主任者資格試験、貸金業務取扱主任者資格試験、宮城マスター検定2級など。
    趣味 読書(ビジネス、経営、漫画)、お取り寄せ(日本酒、本格焼酎)、野球観戦
    八木山動物公園のオフィシャルサポーター。
    週末はザ・モール長町や鈎取イオンのペットショップで犬を見て癒やされる・・・のが楽しみでしたが、殺処分されるペットや、ブリーダー業界の闇を知るにつれ、あまりペットショップへは足を運ばなくなりました。
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈