スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    法務省申請システム、登記に特化…手数料も安く(読売新聞 12月27日)
     こんにちは。弁護士の村上匠です。
     
     春日町の法務局が立替えのため、駅裏の方に移転しました。弊事務所からは遠くなってしまいました。
     しかし、便利な時代になったもので、法務局まで行かなくても、商業登記や不動産登記はネット上で見ることもできますし、取り寄せることもできます。
     弊事務所でも、下記ニュース記事にあるオンラインの登記請求を利用しています。


    (以下、引用部分)

     法務省申請システム、登記に特化…手数料も安く 
     読売新聞 12月27日(月)10時23分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101227-00000037-yom-soci
      法務省は26日、インターネットを使った同省のオンライン申請システムを登記関連に特化し、登記以外は基本的に廃止する方針を決めた。
      登記以外のシステム利用件数が低迷し、経費負担が増しているためで、来年2月から順次移行する。移行に伴う経費節減により、オンラインによる登記事項証明書の交付請求(発行・閲覧)などの手数料は最大3割、引き下げられる。
      法務省のオンライン申請システムは、2003年3月に導入された。不動産や商業登記の手続きのほか、司法試験(2次試験)手続き、司法書士の資格認定、情報公開手続き、保護司会の報告、公益法人の設立許可など150項目について、電子手続きができるようになった。しかし、登記関連以外の138項目は、09年度の1年間の利用が1896件と低迷。さらに、このうち133項目は、同年度の利用がゼロだった。

    (以上まで引用部分)

     
     土地建物や会社が関係する相談の場合、登記の確認は必須事項ですが、相談者の方で登記を用意できなくても大丈夫ですよ。
    スポンサーサイト
     こんにちは。弁護士の村上匠です。

     父・敏郎が(おそらく息子以上に)手塩にかけて育てたであろう寒蘭が、花をつけました。

    IMG_2219.jpg
    IMG_2221.jpg

     鉢を買ってきてから10年くらい経つそうですが、初めての花だそうです。
     僕には、あまり良さが分かりません・・・。
    サークルKサンクス限定・麺屋恵比寿辛味噌らーめん
     おばんです。弁護士の村上匠です。
     今夜も残業ですが、今日の夜食は近くのコンビニで買ったこちらのカップラーメン。

    ebisu.jpg

     宮城のご当地タレント、本間ちゃんこと本間秋彦さんがCMで宣伝していたので、買ってみることにしました。実際にあるラーメン屋がカップラーメンを出す例はこれまでにもいくつもありますが、これも青葉区中山にある「麺屋恵比寿」が監修しているもの。
     味の方は、まあカップラーメンならこんなものかなという感想です。


     ところで、高脂肪・高カロリーのカップラーメンを食べる度に思います。今年の人間ドックではコレステロールや肝臓に「要経過観察」と出ていた・・・。
     ですが、こうやって夜食を食べながら残業して作った書面で、依頼者のお役に立てると思えば、やはり頑張るために夜食を食べざるを得ないのです。

    人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

     今夜は遠回りして光のページェントでも見て帰ろうかな・・・と思いましたが、配電盤の火災で昨日から中止してましたね。観光で仙台に来る予定の方は、お気を付けください。
    映画「武士の家計簿」
     おはようございます。弁護士の村上匠です。
     昨日、父から誘われ映画「武士の家計簿」を観に行きました。父は何事も人を巻き込み、自分ひとりではやらない人なので私を誘ったのだと思います。普段なら断るところですが、私自身大学院時代に3年ほど石川県の金沢に住んだことがあり、加賀藩が舞台の話だというので興味があり、行くことにしました。
     
     代々、今でいう経理係として加賀藩に勤めてきた家系の猪山家。そろばんバカと言われるほどの主人公が、経理の不正を暴き、多額の借金を抱えた家計を立て直すため質素倹約に励む。また幼い息子にもそろばんを叩き込むが、父と子の葛藤と和解が描かれる・・・という一種のホームドラマでした。当時の武士の生活や風習を描き、同じセリフを違うシチュエーションで言わせて笑いを誘うコメディの要素もあり、母の子を思う情で泣かせ、見所のある映画だったと思います。

     ちなみに私は、父から法律についてスパルタ教育を受けるようなことは一切ありませんでした(;´▽`)
     あんな映画のような教育を受けてたら、逆にグレたでしょうね。

     さてこの映画、加賀藩や金沢の街に対する予備知識がなくても全く問題なく観られますが、今年の金沢検定の初級を61点で不合格になった私が、気になったシーン・セリフを勝手に解説します。

     赤く塗った門・・・中村雅俊演じる信之が自慢話をする、赤く塗った門。東京大学のシンボルである赤門は、もともと加賀藩前田家上屋敷の門でした。

     犀川(さいがわ)・浅野川・・・金沢市内を流れる二つの川です。拾った四文銭を子供に捨てさせにいった犀川ですが、現在は護岸工事がされており、映画にでてきたような場所は残ってないのでは。お城と城門は、本物の金沢城のものですね。

     「ひもじいわいや、米くれわいや」と農民がデモ行進するシーン・・・「泣き一揆」と言われる、実際にあった事件です。金沢城近くの山から、困窮にあえぐ農民たちが米をくれと叫び、米を供出させることに成功しました。「一揆」とは言いながら、打ち壊しがなかった点も特筆に値すると思います。平和的な手段というところが、加賀藩的というか。

     「にらみ鯛」・・・仙台ではない風習です。調べたところ、京都から北陸にかけて、鯛の塩焼きを元日に用意して三が日は手をつけず(にらむだけ)4日になって、食べるという風習があるそうです。なお、金沢で「にらみ鯛」というと、通常は「鯛の唐蒸し」(おからを鯛に詰めた料理で、2匹の頭を向かいあわせに並べる)を言うと思いますが、映画の「にらみ鯛」は塩焼きの方のようですね。

     幕末の頃の加賀藩の中立スタンス・・・「煙とともに蚊が(加賀)逃げた」というセリフがあります。これは私自身の勝手な分析ですが、おそらく藩祖・前田利家からの家風というか、加賀藩には百万石を維持するために造反の動きをなるべく見せず、うまく立ち回ろうとする気質があるんです。例えば、関ヶ原の戦いのときでも、利家の長男・前田利長は東軍にこそついてはいるのですが、関が原の合戦中は現在の石川県内での戦いに明け暮れ、関ヶ原には行っていません。さらにその弟・利政は、何らかの理由で兵を動かさずにいました。一説には、豊臣側に忠誠を誓っていたからとも言われています。
    ピンク色のラーメン(古川・「紅華」)
     こんにちは。「仙台弁護士会のラーメン王子」と呼ばれたことは一度としてない弁護士の村上匠です。
     古川での仕事のついでに、紅花を練り込んだ麺を出すラーメン屋さんに行ってきました。お店の名前はその名も「紅華」。お昼はラーメンが無性に食べたくなったので、適当に検索していたところ見つけたお店です。

     昼時に入りましたが、既に先客が3組ほどいました。これが閑古鳥の鳴く店だったら不安になるところですが、少し安心です。
     テーブルにつきましたが、メニューが置いてありません。壁に貼ってあるメニューから、「紅塩ラーメン」を選んで注文。

    benibana.jpg

     おお、確かにピンク色の麺だ。
     鶏の出汁が利いてる塩味のスープは、とてもやさしい感じの味です。ラーメンと言うより、中華そばですね。
     地元の人に愛されているお店なのでしょう。
     
    にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ
    にほんブログ村
    西安刀削麺・大河原店
     こんにちは。弁護士の村上匠です。
     先日、大河原町まで仕事で行った際、たまたま「刀削麺」の文字を見かけたので、入ってみました。

    toshomen.jpg

     牛すじ刀削麺を注文したのですが、結構な麺の量で、最後の方になると飽きてきましたね・・・。

    人気ブログランキングへ
    新青森行き
     こんにちは、弁護士の村上匠です。
     12月4日、東北新幹線がついに全線開通です。
    shin-aomori.jpg
     この日は出張だったのですが、仙台駅でも青森関連のイベントをやっており、ホームの行き先表示にも、「新青森」の文字が出ていました。

     300年前、あの松尾芭蕉でさえ行けなかった青森に、東京から3時間半で行けるようになりました。仙台からも、だいぶ近くなりました。

     なお、あの吉幾三が「車もそれほど走ってねぇ」と歌ってから26年、どうやら新青森駅前はいまだにそれほど車が・・・?
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。