書面によらない遺言は無効。しかし・・・(大阪高裁H22.10.21判決)
     弁護士の村上匠です。

     死亡が危急に迫った例外的な場合を除き、書面によらない遺言は無効とされることは、ほとんどの方がご存じだと思います。
     そのため、遺言書がなければ、故人が生前「俺が死んだらこの家は長男のお前にやる」と毎日言っていたとしても、法定相続分に従って遺産分割をしないといけません。

     では、故人が生前に話していたことは、まったく何の効力も生じないのでしょうか。
     大阪高裁H22.10.21判決(判例時報2108号72頁)のケースをご紹介します。

     内縁の夫A男は、約40年間内縁関係にあったY女とともに、A男所有の建物で長年同居していました。
     生前A男は、X子を自宅に呼び出し、同行したX子の夫や親戚の前で、こんなことを言っています。自分(A男)にもしものことがあったら、Y女に本件建物をやり、そこに死ぬまで住まわせて、1500万円を渡してほしいと。
     その後、A男が亡くなり、A男のたった一人の相続人X子がこの建物を相続しました。内縁の妻Y女には相続分がありません。遺言を残せばよかったのですが。
     X子は、Y女を相手取り、建物の明渡しなどを求める訴訟を起こしました。(たぶん、ドロドロした人間関係があったのでしょうが、そこには立ち入りません)

     Y女が本件建物に住み続けるには、法律上、何らかの占有権原(なおここでは「権限」ではなく「権原」が正しい用語)が必要です。しかし、当然のことですが、Y女は夫A男との間に、建物を借りる契約書を交わしたりはしていません。
     そうすると、故人の意思に反し、Y子は家を明け渡さないといけないことになりそうです。

     ところが、この判決ではX子の請求は棄却されました。その理由は、A男の上記発言などから、黙示的に、Y女が死亡するまで本件建物を無償で使用させる貸借契約が成立していたというものでした。

     遺言書はないものの、故人の意思を尊重する結論となったという判例でした。 
     しかし、A男がキチンと遺言書を作っていればこのような裁判沙汰は避けられたはずです。特に内縁関係の場合は相続分がないのですから、遺言書で手当てをしておくべきだったといえるでしょう。
    クールビズで失礼します
     おばんです、弁護士の村上匠です。
     今年の仙台は梅雨入りが遅いですね。今日も暑い一日でした。

     さて、世界的な脱原発の動き、全国的な節電の動きに合わせ、私も今日からクールビズにすることにしました。しばらくの間はノーネクタイで失礼します。ご了承ください。
     スーツも夏物を出してきたのですが、ウエストが、あらら・・・?

     現在、事務所ではまだエアコンを使ってはいませんが、暑い日に外から相談者・依頼者がお越しになる際には、エアコンを入れたいと思います。部屋が暑い・寒いなどもお気軽にお伝えください。
    柳町通の新事務所
     こんにちは、弁護士の村上匠です。
     今週月曜日から、新しい事務所での業務がスタートしました。
     
     近所の大日如来。
    dainichi.jpg

     柳町通りにて、西から東に向け撮影。右手が仙台トラストシティ。事務所のあるビルは左手です。
    yanagimati.jpg

     こちら、京成壱番町ビルの2階が弊事務所になります。いずれ、窓に事務所名を示すフィルムのようなものを貼る予定です。
    keisei.jpg

     こちらが新事務所の内観です。相談室が大小2つになりました。ソファーではなく椅子になりましたので、膝を悪くされて座ったり立ち上がったりが辛い方も安心してお越しいただけるかと。
    office.jpg

     まだ片付かない段ボールや、ビル廊下の補修工事などでご不便をおかけするかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
    山のような段ボール
     こんにちは、弁護士の村上匠です。
     今、事務所の中が大変なことになってます。見てください、この段ボールの山々。

    iten2.jpg
    iten3.jpg


     震災による不況のため、弊事務所はついに夜逃げすることにしました。・・・というのは冗談で、今週末に事務所を移転します。

     移転先は仙台で一番高い、そう、あの仙台トラストタワー・・・のそばのビルです。


    大きな地図で見る

    (移転先住所)
    〒 980-0811 仙台市青葉区一番町1丁目8-10 京成壱番町ビル201
      電話 022-223-2150  FAX 022-223-2132
    ※ 電話番号・FAX番号に変更はありません。

     柳町通沿い、仙台トラストシティの北向かいです。富士火災ビル、東北学院同窓会館跡地の並びにあります。

     これまでは弁護士2名に対し相談室が1つでしたので、依頼者の皆様にご不便をおかけすることもありました。新事務所は相談室が大小2つですので、お待たせすることはなくなると思われます。

     新事務所では6月13日(月)から業務を開始します。これからもご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
    宮城県全域、震災に関わる民事調停が無料化
     おばんです。弁護士の村上匠です。
     思い出したように、しばらくぶりのブログ更新です(実際、忘れていました)。

     今日は、お役立ち情報を。
     6月1日に公布・施行された政令により、東日本大震災に起因する民事トラブルについて、調停の申立手数料が無料になりました。

     対象となるのは、震災当日(平成23年3月11日)に宮城県などの対象地区に住所・居所・営業所又は事務所を有していた方で、東日本大震災に起因する民事に関する紛争です。
     ということは、「震災をきっかけにダンナに幻滅したので離婚調停したい」・・・というのは家事調停なので対象外です。こういう話も割と多いらしいですけど。
     期間は平成26年2月28日まで。 詳細は下記のリンク先をご参照ください。  
     法務省
     http://www.moj.go.jp/housei/shihouhousei/housei01_00045.html

     裁判所
     http://www.courts.go.jp/saiban/tetuzuki/tesuuryou.html


     なお調停同様、裁判外でトラブルを解決する方法としては、仙台弁護士会がやっている「震災ADR」があります。電話相談の担当などで弁護士会館に行きますと、いつも日程表に震災ADRの文字がありまして、どうやら大盛況のようです。

     震災ADRと調停との大きな違いとしては、前者は(1)仲裁人としてふさわしい「弁護士」が必ず入る、(2)解決時にだけ手数料が必要(申立時は無料。震災時の特例として、解決手数料も安くしてある)、(3)当事者の都合により、期日を土日や夜間にしてくれることもある、(4)例えば建物を巡るトラブルなら、建物のある現地へ出張して話し合いをすることもある、といったところでしょうか。
     手数料を安くしているため、やればやるほど弁護士会は赤字らしいのですが、皆さんは気兼ねすることなく活用していただければいいと思います。
     
     弁護士がこんなことをいうのも何ですが、トラブルを話し合いで解決できるならそれに越したことはないでしょう。ご近所同士の問題なら特に。
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈