『ケンミンSHOW』京一郎は訴えていいレベル
     弁護士の村上匠です。

     さて皆さんは、『秘密のケンミンSHOW』というテレビ番組の人気コーナー、「連続転勤ドラマ 辞令は突然に・・・」をご存じですか?

     会社員の京一郎が辞令により全国各地へと転勤させられ、その土地限定の変わった風習や食文化に出会い、妻のはるみとともに驚きのリアクションを見せる・・・というパターンが面白いコーナーです。
     ようやく東京に帰ってきたと思いきや、昨日の放送では第2シーズンがスタートするとのことでしたが、ふとヤボなことを思いつきました。

     2週間ごと(あくまで放送日の上での話ですが)に転勤させられる京一郎は、ひょっとして労働法違反で会社を訴えれば勝てるのではないだろうか?

     そこで労働事件の判例を調べてみたのですが、どうやら勝てる見込みはありそうです。

     そもそも、転勤などの配転命令を会社が出せる法的根拠は、労働契約にあるとされています。皆さんの会社の就業規則や労働協約にも、例えば「業務の都合により・・・転勤を命じることができる」などと書かれていると思われます。

     そして、この配転命令権も「濫用してはならない」(労働契約法3条5項)ものではあるのですが、どのような場合が濫用にあたるのか。
     この点、判例(東亜ペイント事件、最高裁昭和61年7月14日判決)を引用しますと、「当該転勤命令につき業務上の必要性が存しない場合又は業務上の必要性が存する場合であっても、当該転勤命令が他の不当な動機・目的をもってなされたものであるとき若しくは労働者に対し通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものであるとき等、特段の事情の存する場合でない限りは、当該転勤命令は権利の濫用になるものではない」とされています。

     そもそも、短期間で転勤を命じる業務上の必要性があるかというと疑問ですね(京一郎に職務上の特殊な技能があるとか、ブラック企業で次々係長・課長クラスが辞めていくとか?)。
     仮に、業務上の必要性があったとしても、京一郎が会社にとって疎ましい存在で、退職に追い込むために転勤を繰り返させているならアウトでしょう(昇進しているのでこの可能性はなさそうです)。
     また、短期間で転勤を繰り返す場合、部屋探しとか(どこの街でもこの夫婦は結構いい家に住んでいる)、引っ越しだとかの負担が大きいでしょうから、「通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるもの」にあたりそうです。

     それにしても、はるみが女子アナだったという設定は後付けですよね・・・。来週からは方言ネタを取り上げていくのでしょうか。
     もうこの番組、このコーナーだけでいいのに。司会者としつこい大阪ネタはいらないと思います。
    大日如来祭典(7月19・20日)
     弁護士の村上匠です。

     きのう19日から、事務所近くの大日如来の前に縁日のような屋台が並びはじめました。午前11時から午後10時まで、柳町通りの一部が通行止めになっていますのでご注意ください。
     それにしても、こんなお祭りが毎年あったんですね。知りませんでした。

     大日如来には狛犬ではなくヒツジとサルの像が置いてありまして、干支が未と申の人の守り神なんだそうです。ちなみに私も昭和54年の未年生まれ。
     正直、如来や菩薩の区別もつかないくらい仏教には無知で、大日如来にもこれまで関心がなかったのですが、お参りのうえ、ヒツジのお守りをいただいてきました。

     しかし、神様には期待しません。今年は初詣に2か所回りましたけど、大変な年になりましたから・・・。
    東北六魂祭、初日は大渋滞に大混乱
     16日(土)、家族で東北六魂祭を観に行きました。
     長年東北に住んではいますが、案外東北各地の祭に合わせて旅行したことはなく、ぜひ生でねぶたや竿灯を見てみたいと思い、混雑覚悟で街へと出ました。この覚悟が甘かったことは、後になって分かるのですが。

     パレードは定禅寺通りのはずですが、青葉通りや東二番町通りなど、市中心部の道路は大渋滞。県外ナンバーも多かったです。例年の七夕や光のページェントでもここまでの渋滞は記憶にありません。

     人混みをかき分け勾当台公園方面へ向かって歩きましたが、ついに三越の手前でほとんど身動きができない状況に陥りました。
     遠くに、ねぶたのようなものが見えたので、デジカメを高く掲げて写真を撮りました。現場の混乱ぶりが伝わるでしょうか。

    rokkon1.jpg
    rokkon2.jpg

     結局、将棋倒しなど身の危険を感じたことから、撤退を決めました。人の流れを誘導する人員が足りていなかったのでは。

     今朝の報道で知りましたが、ねぶたなどのパレードが中止になるなど、相当な混乱があったようです。 今年が初めてのイベントなので、想定外のことは多々あるでしょうが、それにしても・・・。
     私はもう観に行くのはコリゴリですが、はたして今日は成功するのでしょうか。
    昭文社「東日本大震災 復興支援地図」
     弁護士の村上匠です。

     昭文社(9475)から株主優待品として、復興支援地図と宮城県の地図(マップル)をいただきました。書店に並んでいるのは見かけましたが、復興支援地図の実物を手にするのは初めてです。

    map.jpg

     青森県から千葉県までの太平洋沿岸、すなわち主に津波被害を受けた地域の地図ですが、浸水被害のあった地域が黄色く塗られています。
     たとえば石巻市のページを見ますと、日和山周辺が丸く白くなっており、沿岸部の広い地域で津波の被害があったことが分かります。福島県浪江町のページで福島第一原発を見てみると、沿岸から約500メートルが黄色くなっているものの、必ずしも福島県沿岸部全てに浸水被害があった訳ではないことが分かります。原発の立地条件が悪かったのか、それ以前にそもそもの原子力政策が悪かったのか。

     いろいろと考えさせられる地図でした。
     いずれ、放射能汚染地域が色分けされた地図帳も発売されたりするのでしょうか。
    中日・小山桂司捕手(仙台・八木山出身)がんばれ!
     野球観戦大好き弁護士、村上匠です。

     突然ですが、皆さんは仙台市太白区八木山出身の小山桂司捕手(中日ドラゴンズ)をご存知でしょうか。
     私も宮城県出身の野球選手はだいたい把握しているつもりでしたが、最近まで小山選手の存在は知りませんでした。

     中日の公式サイトによると、彼の経歴は、八木山南小-八木山中-秋田経法大付高-秋田経法大中退。八木山中といったら、うちの実家の愛犬の散歩コースじゃないですか。なんとご近所。
     その後、社会人野球のシダックスに入社して野村克也監督の指導を受け、日本ハムに入団したものの戦力外となり、トライアウトで中日に入団しました。あのノムさんから教えを受けたキャッチャーの一人です。

     そんな小山選手は、東日本大震災で石巻市在住の祖父を亡くしました。今年4月30日にはスタメン起用され、「おじいちゃんが打たせてくれた」と本人が語るホームランが出ています。その後、ベテラン谷繁が怪我で離脱してからは、起用の機会が増えてきました。
     現在の中日は、小田(元巨人で清原にいじられていた彼)、前田、そして小山の3捕手が日替わりでスタメンを争っています。小山選手の打撃は開眼の気配あり。スタメン定着まであと一歩のところまで来ています。

     宮城県出身選手ということで、応援したいと思っています。がんばれ、小山!

     写真は、2010年の交流戦(Kスタ)での小山選手。
    oyama65.jpg
    仙台七夕花火祭に協賛しました
     おばんです、弁護士の村上匠です。

     仙台七夕の前夜祭的な位置づけになる、第42回仙台七夕花火祭に一口ほど協賛しました。
     協賛者一覧のページにありますとおり、「村上法律事務所」ではなく、「弁護士村上匠」で協賛しております。去年の花火に感動したことと、地元仙台を応援する意味で、あえて自分のポケットマネーから出しました。

     去年の花火祭には、浴衣を着て出かけたのですが、夜になってもまったく気温が下がらない熱帯夜だったことを覚えています。
     今年の8月5日は涼しいといいですね。
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈