プレスター・ジョンの国
     中世ヨーロッパの世界では、プレスター・ジョン(英語読み。ポルトガル語読みでプレステ・ジョアン)という王が治めるキリスト教国が世界のどこかにあると信じられていました。
     この話は、十字軍が苦戦する中、東方にある伝説のキリスト教国が援軍を差し伸べてくれるはずだという願望から、広く信じられるようになったと言われています。

     当初、その国はアジアにあると考えられており、一時期はチンギス・ハン率いるモンゴル帝国がそれだとされたものの、東欧遠征があったためそれが間違いだったことが判明します。
     その後、アフリカのエチオピアが「プレスター・ジョンの国」であるとする説が有力となり、大航海時代にはエンリケ航海王子をはじめ多くの冒険家がこの国を探し求めました。この時代の人々は、その国に行けば、巨万の富を手にすることができると本気で信じていたのです。

     時代が下り、アメリカ大陸を始め完全な世界地図が完成する頃には、地球上のどこを探してもそんな国はないことが明らかになり、やがて「プレスター・ジョンの国」の存在は人々の記憶から消えていきました。
     

     時は現代日本、大弁護士時代。
     数多の冒険家ならぬ弁護士が、司法改革という名の荒海へと出航していきます。しかし、大航海時代と違うのは、「弁護士の潜在的需要」という「プレスター・ジョンの国」が実在しないだろうということが共通認識となっている点です。
     
     若い航海士は、新たな航路から新たな大陸を探し求めていかなければなりません。しかし、1年間に短縮された司法修習やロースクールの座学程度では、荒海を渡る操船技術が危ういのではないか。新人船長1名だけの船も珍しくはなくなりましたが、次の港に着くまで補給は持つのか。老航海士たちからは不安の声も聞こえてきます。

     かつて存在した「過払い」という名の金脈は、発見されて数年で掘り尽くされてしまいました。
     「バーを経営しながら客の相談を受ける」という新航路を目指した若者は、思わぬ逆風を受け撤退していきました。どれだけ事件があるか分からない、縁もゆかりもない土地を目指した若者が、いつの間にか消息を絶ってしまうこともありました。
     機関誌『自由と正義』の登録取消し欄を見れば、海の藻屑と消えていったと思われる航海士たちの名前が並んでいます。

     今なおごく一部に、巨万の富が存在する国があるはずだと言って憚らない人がいます。
     しかしながら、「弁護士の潜在的需要」という「プレスター・ジョンの国」は、たとえ各方面へ弁護士が行き渡ったとしてもなお発見されないまま、忘れ去られていくことでしょう。
    東北放送『Radio倶楽部』安田さんが復帰
     本日の放送から、TBCラジオ『Radio倶楽部』が放送再開、安田立和さんが番組復帰されたとのこと。

     皆さん心配しておられたようで、安田さんのお名前を検索してこのブログを訪問される方も毎日のようにいました。

     ちなみに、このブログの検索ワード上位ランキング(今月分)を見ますと、

    1 仙台カレー食堂 58回 18.2%
    2 安田立和    16回 5.0%
    3 エルシド 焼酎 10回 3.1%

    と、とても弁護士のブログとは思えないワードが並びます。
    気をつけよう、弁護士の広告規程
    ichinoseki.jpg

     「仙台 相続」で検索した結果の画面です。

     こちらの弁護士事務所、「仙台の○○法律事務所」とありますが、宮城県の隣県に事務所があり、その県の弁護士会所属です。弁護士の業務広告規程が禁止する「事実に合致していない広告」に当たる可能性がありそうです。

     また、「相続専門」ともありますが、「客観性が担保されないまま「専門家」,「専門分野」の表示を許すことは,誤導のおそれがあり,国民の利益を害し,ひいては弁護士等に対する国民の信頼を損なうおそれがあることから,現状ではその表示を控えるのが望ましい。」(弁護士及び弁護士法人並びに外国特別会員の業務広告に関する運用指針)とされており、客観性のない「専門」は控えるようにとされています。難しいところですね。

     広告規程で思い出しましたが、ネットを見て来られたお客様で「先生は○○の分野に強いと書いてありました」という方がたまにおられます。しかし、私は主観的には自信のある分野でも、ウソや紛らわしい広告を禁止する広告規程の趣旨から、「○○に強い」とは決して書かないようにしています。

     もしそのような記載があっても、それは弁護士検索のサイトが勝手にやっていることだと思いますので、修正する必要があります。ぜひ情報をお寄せください。
    気づかずに安請け合いする自分も悪いのだが
     法テラス国選担当の方、罪名が裁判員対象事件のときはそう言っておくれよ。

     引き受けてから気づき後悔する。半年ぶり2回目。
    仙台トラストシティ「さくらキャンペーン」
    残業中に小腹が減ったのでコンビニに買い物に出たところ、仙台トラストシティ前に綺麗なイルミネーションを見つけました。

    trustpink.jpg

    森トラストグループによる、震災孤児・遺児の子供たちをサポートする募金活動の一環なんだそうです。

    参照・仙台トラストシティ

    期間は5月6日まで。
    仙台の法曹関係者が注目? 「仙台カレー食堂」が開店
    sendaicurry.jpg
     仙台高等裁判所前の交差点、プレジデント一番町の1階にカレー屋さんがオープンしていましたので、今日のお昼にさっそく入ってみました。

     ランチは3種のカレー(辛口・中辛・甘口)から2種類を選べて、700円という価格。ご飯の大盛り無料。
     辛口のチキンカレーと、甘口のずんだキーマカレーでオーダー。ほとんど待つことなく、すぐに運ばれてきました。カレー皿の真ん中に盛ってあるライスが、両サイドから2種類のカレーで取り囲まれています。

     ずんだを使ったカレーは黄緑色。甘口でも、しっかりとカレーになっています。チキンカレーの方も、決して泣かされるような辛さではなく、おいしくいただけました。

     このお店の場所は、これまで数々のテナントが出店しては消えていった商売が難しいところです。ランチをいただけるお店が乏しい片平地区のためにも、ぜひ長続きしてほしいところです。
    金沢大学・角間キャンパスの思い出
     テレ朝系「モーニングバード」のローカル紙を取り上げる企画で、石川県の北國新聞の記事が取り上げられていました。山の中にある金沢大学、ふもとの不動産屋が共同で通学バスを走らせたり、ゴミ出しを代行したりのサービスで学生を呼び込もうとしているそうです。

     私は金沢大学法科大学院の1期生として、3年間金沢に住んでいました。金沢大学は、かつては金沢城の敷地内にキャンパスがあったそうなのですが、現在は郊外、しかも周りには何もない山の中に移転しています。学生の多くは、山のふもとの住宅地に住んでおり、私もその一人でした。

     本当にあの大学は不便なところでして、金沢の冬は膝の高さまで雪が積もります。自転車・原付などはもってのほか。しかも路線バスは満員で乗れないこともしばしば。当時の終バスは午後10時半でしたが、毎日自習室には日付が変わる頃までこもっていましたので、徒歩による登下校でした。

     長靴を履き、熊よけの鈴を装備して(熊の出没情報のお知らせがある)、30分かけて山道を上り下りしたことが忘れられません。

     金沢大学の法科大学院は国立にしては合格率が善戦しているようですが、その原因を考えてみるに、24時間開放の自習室・図書室があることと、「こんな山奥で遭難してたまるか」というサバイバル精神が養われることにあるのではと思います。
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈