悲劇は続く
     先日の取調べの状況を録画したBD-Rの話の続き。

     パソコンをスタンドアローン(ネットにつながらない)の設定にして、ディスクを入れたのですが読み込まない。

     ・・・うちのパソコンじゃブルーレイは読めないらしい。

     どうしたらいいんだ? 駅前のヤマダ電機か? ツタヤでブルーレイの機械を借りられたりするのか? 
    取調べは昔も今も
     先日の金沢の話題でもう一つ。

     金沢の豪商・銭屋五兵衛と北前船を取り上げた

    銭屋五兵衛と北前船の時代銭屋五兵衛と北前船の時代
    (2001/11)
    木越 隆三

    商品詳細を見る

    という本を最近読んだのですが、その中で五兵衛が毒を干潟に流した疑いをかけられ(実際には、埋め立てのための石灰を流したものである)、奉行から取調べを受けた様子が記されていました。
    zenigo.jpg(同書192頁)
     
     毒を流したとの噂を信じ込み、なんとか自白させようと迫る奉行に対し、知らないの一点張りの五兵衛。
     奉行は、そのころ五兵衛が書いた手紙に「都合よく」との言葉があることから、これは犯行計画のことではないかと揚げ足取りのような尋問をしています。

     これとそっくりな裁判が最近ありまして、美濃加茂市の市長贈収賄被疑事件(一審無罪。検察側控訴)。
    江川紹子「日本の裁判は運次第? 美濃加茂市長無罪判決で残った検察への不信」
    http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/20/45273/2/

    (以下、引用)
    以下は、その日の夕方になされたメールのやりとりだ。
    ▽中林→藤井
    〈本日はお忙しい中、突然申し訳ございませんでした。議員のお力になれるよう、精一杯頑張りますので、宜しくお願いします〉
    ▽藤井→中林
    〈こちらこそわざわざありがとうございます!全ては市民と日本のためなので宜しくお願いします〉
    これを、検察側はガストでの現金授受の裏づけと主張した。中林氏はさらなる現金提供の意図を込め、藤井氏は賄賂のお礼を述べた、と言うのである。
    だが、これは単なる挨拶(あいさつ)メールとも読める。藤井メールを素直に読めば、年長者の中林氏が名古屋市の拠点から美濃加茂市まで足を運んでくれたことへの礼と、いささか気負った抱負を述べたものではないのか。

    (引用ここまで)


     昔も今も、予断にとらわれた取調官が、手紙やメールの言葉を何とか有利な方向に解釈しようとしているところが面白いですね。
    聞き間違いの悲劇
     担当している刑事事件で、取調べの状況を録画した映像の開示を検察官に求めているものがあります。

     開示してもらえるとの連絡を受けたのですが、映像についてはこちらからディスクを持って行き、検察庁内で焼いてもらって、出来上がりの連絡を受けてから取りに行く、という手順を踏む必要があります。

     そして先ほど、オフィス24で買ったばかりのDVD-Rを持って検察庁に向かいました。

     自分「DVD-Rを持って来ました」
     検察事務官「いえ、BD-R、ブルーレイと申し上げたはずですが」 

     (ノ∀`) アチャー

     聞き間違えた。BD-Rというものがあるのか・・・
     取調べの様子はくっきり高画質なんだろうか・・・

     明日出直そう。
    石川県の地位は新幹線で蘇るか
     北陸新幹線が開業して、ここ1~2週間はテレビでは金沢を中心とした旅番組ラッシュの様相を見せていました。

     ところで皆さんは、中学校の地図帳などで日本の旧国名を見たときに、不思議に思いませんでしたか?
     現在の北陸3県と新潟県を西から順に見ていきますと、
         【福井】~【石   川】~【富山】~【新潟】
         【越前】~【加賀・能登】~【越中】~【越後】
    となり、越前と越中がくっついていません。この点、東北地方の陸前・陸中・陸奥、中国地方の備前・備中・備後は陸続きで並んでいます。まあこれには歴史的にいろいろな経緯があるのですが、ここでは省略。

     石川県を含む日本海側は、太平洋側に比べれば栄えていないイメージがあります。しかし、例えば金沢市は、江戸時代には江戸・京都・大坂(大阪)に次いで 、人口第4位だった時代がありました。何と言っても加賀百万石。
     それが明治以降、太平洋側を優先して鉄道が敷設されるようになってから、日本海側の地理的重要性が低下したと言われています。
     ですので、この北陸新幹線の開業は、明治以降に発展の速度に差がついた北陸地方にどのような影響を及ぼすのか、非常に楽しみなところがあります。
     
     さらに歴史を遡れば、征夷大将軍の坂上田村麻呂。彼は石川県の七尾あたりから船出して東北地方に向かっています。東海道新幹線もない時代、京都から東北へ向かうのには日本海側の海路が一般的だったのです。

     私は金沢の大学院に通っていたこともあって、司法試験の勉強の片手間に石川県の郷土史をかじったりしていました。そこでいろいろ調べていくうちに、あまり日本史の教科書には現れにくい日本海側の海運や、文化の交流についていろいろ考えを持つようになったのですが(秋田の「なまはげ」と能登の「あまめはぎ」の類似性など)、それについてはまた時間を取って書きたいと思います。
    告知です(旭ヶ丘市民センター)
     3月25日(水)午後1時15分から、旭ヶ丘市民センターでの相続の無料講習会・無料相談会に登場します。
     相談は予約された方を優先させていただきますので、下記のチラシの担当者宛に相談の予約をしたい旨をお伝えください。(市民センターの主催ではありませんので、会場への問い合わせはご遠慮ください。)
     
     よろしくお願い申し上げます。

    20150325旭ケ丘
    東日本大震災から4年
     きのうの長命ヶ丘市民センターのセミナーには、なんと30名を超える方々にご参加いただきました。いつも大目に入れてく名刺入れの名刺が売りきれてしまったのは初めての経験です。
     本当にありがとうございます。

     これまで仙台市内各地の市民センターを20か所くらい回りましたが、なぜきのうに限り突然参加者が多かったのか。セミナー後に考えたのですが、ひょっとしたら3.11を前にして、自分や家族の「死」を意識して相続を考えてみたいという方が多かったのではないでしょうか。

     私自身も1日違いで命拾いしたようなものですから、ときどき自分の死期について考えることがあります。震災の後には生命保険に入り、「相続カウンセラー」等のセミナーに参加してエンディングノートを作るようにもなりました。
     でも一番大事なのは、いつ死んでもいいように毎日を悔いなく生きていくことですね。

     ところで、きのう会場で質問を受けて答えられなかった、震災特例法の無料法律相談の終期の件。
     調べたところ今年3月末に迎える期限の延長は、なされる見込みであるが正式決定ではないという状況です。つまり、国会次第でどうなるかは分かりません。ただ、私はおそらく延長になってるだろうと言ってしまったので、きのうのセミナーにお越しいただいた方の相談については責任を持って4月以降も無料で対応させていただきます。
    このブログは園部厚ブログではありません!
     「園部厚」で検索してくる人、ここには何もありませんよ。さあ帰った帰った。


     ちなみに27年2月に新日本法規から発売の園部厚『[改訂版]和解手続・条項論点整理ノート』でも、参考文献に岡口『要件事実マニュアル』1~3巻とか、要件事実学習についての名著である金洪周『要件事実の理解』(辰巳法律研究所・たしか絶版のはず)とかが引用されていたけど、もう何もコメントしないよ。


     ・・・それでもあえて何か言うなら、「園部厚」、実は「裁判実務書籍の編集者の共同筆名」説を推したい。
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈