スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    弁護人は示談交渉の場をどうすべきか
     きのう29日、仙台弁護士会の刑事弁護委員会が主催する情状弁護に関する研修会に参加してきました。

     テーマの一つに、示談交渉のために被害者の自宅などに行ってもよいかというものがありました。
     この点パネリストの方々の見解では、原則として自分の事務所に呼びつけることはしない、身の安全を図るため先方が指定した場所に行くことには消極、事案に応じてファミレスなど第三者のいるオープンな場所で会って話す、というものでした。

     これについては私も同意見で、被害者の自宅や指定された場所では、弁護人が(加害者ではないのに)糾弾されて話が一向に進まない可能性があり、また被害者が必ず正義の立場や常識人とも限らないため、中立の場所で会うようにしています。

     ただ、原則には例外がつきもので、どうしても先方の指定する場所に行かざるを得なかった経験があります。

     示談が成立すれば起訴、成立しなければ不起訴がほぼ間違いない事件で、検察官が決裁する日が月曜日。前の週木曜の時点で電話で被害者と連絡がついて、後は示談書に判子を押してもらい引換えに示談金を渡せばOKという段階まで話が進んでいる状況でした。
     ところが、被害者が金曜から旅行に出かけ、日曜の午後に仙台に戻ってくるとのことで、「日曜の夕方に勤務先に来てほしい」と言われやむなく指定された場所に行きました。

     その場所は仙台市青葉区の、晩翠通りの「ドン・キホーテ」の近くのビルの一室。
     仙台にお住まいの方には、どんな感じの場所かはあえて説明する必要がないかと思います。

     その事務所に行ったところ、どうやら特殊な人材派遣の事務所のようで(一度も利用したことはないが、おねえさんをデリバリーしてくれるらしい)、壁には料金表(嫁さんに頼んだら離婚されそうな行為がズラズラと・・・)、ハンガーにはいろんなコスプレ衣装と、目のやり場に困るような事務所でした。

     被害者の方と示談について話を進める間も、奥の方では電話対応の男性が「クリームちゃん(仮称)は今日お休みなんですよ、申し訳ありません。その代わり似たようなタイプでAちゃんとか・・・」などと話しており、深刻な話をしているのに笑いをこらえるのが大変でした。なんだよクリームちゃんって。

     やっぱり相手が指定する場所に行くには気をつけないといけませんね。
    スポンサーサイト
    自分の勘違いでお客様にご迷惑をかけた事例
     自分の勘違いでお客様にご迷惑をかけた事例があったので、反省の意味を込めて記録しておこうと思います。

     先日、相続放棄の相談を受けたのですが、その際に未受給の年金については請求してもいいのかと問われました。

     これについて、年金は故人(被相続人)の生前に請求権が発生しているのであるから、相続財産としてその相続人が請求権を相続する形になるのでは、と一般の債権同様に考え、「遺族による未受給年金の請求・受領は単純承認に当たるおそれがあるから控えた方がいい」と誤った回答をしてしまいました。

     その後、相談された方が年金の窓口で異なる説明を受けたとの問い合わせがあり調べたところ、国民年金法19条1項・厚生年金保険法37条1項などが未受給年金について配偶者等が「自己の名で」受け取れるものと規定しており、相続の対象ではないと判示する最高裁判例があることを知りました。
     年金関係の法令・制度は不得手とはいえ、ご迷惑をおかけしてしまいました。


     ちなみにネットで見てたら、自分同様に「遺産相続」を注力分野とされている大阪の森田弁護士もまったく同じ間違いをしていました。他の人が間違っていたから自分が正当化される訳ではないですが・・・
     http://www.bengo4.com/sozoku/1051/b_331562/ 「弁護士ドットコム」
    サトー商会(9996)の株主総会に出席しました
     今週は株主総会が集中する週ですが、今日はサトー商会(9996、本社仙台市)の株主総会と株主懇親会に出席してきました。

     もちろん顧問弁護士や監査役という立場ではなく、1単元だけの株主の立場での出席です。同社を始め、仙台の大手企業の顧問弁護士は某長老がガッチリ押さえていますので、自分なんかの出る幕はありません。

     同社の株を買った理由は2つ。
     その1つは、私自身は株主優待ファンなので優待がない株は基本持たないのですが、震災以降は地元企業を応援する意味で株を買わせてもらいました。家内も1名義あるので、厚かましくも子どもも連れて総会の方にお邪魔させていただきました。
     しかし会場への到着が遅れ、着いたときには既に会場がほぼ満席。結局総会の間はほとんど控え室の方で過ごしていました。

     そして総会の後は会場を移して、株主懇親会。これが、同社の株を買った理由の2つめです。

     ネット上の投資家のブログによると、サトー商会の株主懇親会は、用意される料理がとても素晴らしく、社長以下会社の皆さんと株主が和気藹々交流できる場であるとのこと。
     そんなわけで、その真偽を確かめるべく一家でお邪魔させてもらいました。
     同社の料理長(調理部門がある)が腕によりをかけたという料理が会場には並んでおり、ビュッフェ形式でいただいたのですが、そのどれもおいしいこと。お寿司、エビチリ・酢豚などの中華、ローストビーフに多種多様なデザートと、実に堪能させていただきました。結構な数の株主がいたのですが、十分なほどの料理をいただけました。同社の店舗で取り扱っている食材で作られていると聞いて、さらに関心。

     佐藤典大取締役ともお話しをする機会がありましたが、さわやかな好印象の方でした。「こんな小さな子が総会に来たのは初めて」と仰っており、うちの子が同社の最年少総会出席者になってしまったようです。すみません、また来年行ってもいいでしょうか。
     名刺を渡しておけばとも思いましたが、某長老のナワバリ荒らしと勘ぐられるのも何なのでまあやめておいてよかったかな。

     ちょうど昨日新店舗の荒巻店がオープンし、消費税増税も何のそのの増益とのことですので、ぜひとも長期保有したいと思います。
    5月24日開催の法律セミナーのご報告
     多忙のため1か月程度ブログを放置しておりました。本当ならすぐにでも書かないといけなかったのですが、一つ下にある記事のとおり、5月24日に仙台市泉区の「ギャラリー杜の音」さんで法律セミナーを開催しました。

    DSCF0521s.jpg
    DSCF0526s.jpg

     ステージ中央では、弁護士3名が扮するとある一家が相続にまつわる疑問やトラブルを話し合い、場面ごとに司会の私が会場の皆さんにクイズを出し、そして解説役の弁護士が説明を加えていく形のセミナーを行いました。

    DSCF0523s.jpg
    DSCF0525s.jpg
    DSCF0539s.jpg

     終了後の感想や法律相談会では、面白い話を聴けたという感想をお客様より頂戴いたしました。
     会場まで足をお運びいただいた皆様、そして会場を提供していただいた「ギャラリー杜の音」の皆様に、心より御礼を申し上げます。

     我々「仙台藩弁護ざむらい」としても、もっと親しみやすい弁護士を目指すためにいつか同様の企画第3弾をやりたいと思うのですが、このブログを見てくださっている方で、弁護士による分かりやすい法律セミナーをやってほしいという方がおられましたら、ご連絡いただければ幸いです。テーマについてはご希望に添って準備させていただきます。


     最後に、今回のプロジェクト第2弾に参加した「仙台藩 弁護ざむらい」のメンバーと、私が本人に無断で勝手に付けた二つ名を以下ご紹介します。

     「名門事務所の名参謀」 浅沼 賢広 弁護士 (弁護士法人青葉法律事務所) 脚本・解説役
     「高齢者委員会の中心戦力」 工藤 清史 弁護士 (日下俊一法律事務所) 解説役
     「抜群の人気者」 坂本  仁 弁護士 (我妻法律事務所) 裏方
     「勝訴を招く仙台四郎」 相澤 央敏 弁護士 (みらい法律事務所) 被相続人の息子役
     「困ったときの救いの女神」 髙橋芳代子 弁護士 (杉山法律事務所) 被相続人の娘役
     「スパルタ仕込みの弁護士魂」 佐々木悠輔 弁護士 (ひまわり法律事務所) 被相続人の孫役
     「弁護士会の和製大砲」 都築 直哉 弁護士 (弁護士法人 平松剛法律事務所 仙台事務所) 裏方
     そして、「永遠の問題児」 村上 匠 (村上法律事務所) 小道具・司会・広報
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。