倫理研修(刑事事件編)
     年末で、いろいろな資料を断捨離しています。
     先月の倫理研修でいただいた資料も、力作ですがたぶん読み返すことはないので処分。

     そこで処分前に、刑事事件編の問題も皆さんの参考になるかと思い、備忘も兼ねて書いておくことにします。
     このブログを見に来た方も、ひょっとしたらいつか依頼する側になるかもしれないですし。

    【設問】
     A弁護士は、詐欺グループ10数名が逮捕された事案の被疑者の1人であるBの当番弁護士として、接見を行った。Bは金がないので私選弁護は依頼できないが、Aに頼みたいと申し入れた。そこでA弁護士は、裁判所に対し国選弁護人として選任するよう求め、選任された。
     その後、A弁護士はBの親族と面談し、国選弁護人制度の説明・報酬の支払われ方を一通りした際に、Bの親族から「そんな金額では、先生にきちんと活動してもらえないでしょう。必要な金額を言ってください。自分がお金を払うから私選弁護人になってください。」との申し入れを受けた。
     A弁護士は、どのように対処すべきか。 また、上記Bの発言が、現状逮捕されていない詐欺グループのリーダーと疑われる人物Cからのものであった場合はどうか。  (簡略化して改題)

     まず、一般の方があまり知らないであろう話ですが、この問題のバックグランドとして、
       ・国選弁護の報酬額の定めが、私選弁護の一般的な基準よりかなり低く定められており、割に合わないこと(赤字覚悟)
       ・国選であれ私選であれ、最善の弁護活動をする努力義務があること(職務基本規程46条)
       ・いったん国選弁護人になった弁護士からは、私選弁護に切り替えるよう求めることができないこと(職務基本規程49条1項)
    を踏まえる必要があります。
     
     そこで、「私選弁護人になってください」という申し出は、弁護士にとっては「正規料金」、「定価」を払ってくれることを意味するものである一方、ホイホイ飛びつくと危険なこともあるので、そこに気をつけましょうというのが出題の趣旨なんですね。
     
     この設問ですと、落とし穴の1つ目が、前記の「私選切替え働きかけの禁止」規定。露骨な働きかけのみならず、私選の方が「よく働いてくれそう」をしそうと思わせるニュアンスの発言をすることも危ないとされています。
     よくある質問で、「国選と私選では違いますか?」と聞かれたりするのですが、私としては「どちらも最善を尽くす」という説明しかしません。余計な言葉を足すとまずい。
     ただ、もし私がえん罪などで捕まることがあったら、あの先生に私選で頼みたいと心に決めている人はいます。うちのボスには頼まない(笑)

     落とし穴2つ目、将来的な利益相反がありうること。
     「詐欺グループのリーダーと疑われる人物C」が金を出す私選弁護では、Cが将来逮捕されて、当初から受けている被疑者Aと食い違う主張をした場合、主張の異なる両者の弁護ができなくなるおそれがある。そこで、Cの私選弁護の申し出は安易に乗るべきではないと思われる。
     そもそも常識的に、あやしい人から金を出すよと言われて飲めるものじゃないですが…

     落とし穴3つ目、金を出す者の指図を必ずしも受けないことを説明すべき。
     被疑者本人のために最善の弁護活動をする以上、金を出した者(ここではC)の求める弁護方針が被疑者(ここではA)にとって最善ではない場合には、これに拘束されず弁護人が自由に弁護方針を決定することを予め説明すること。
     このような説明が、将来のいらぬトラブル防止のために必要とされます。「なんだ、金を出しているのは俺だぞ。Aに自分が全部やったと認めさせろ」みたいなことを言われないように。

     以上が、依頼を受ける弁護士側で気をつけないといけない主な点になります。

     
     数年に一度、このような倫理研修に必ず出席することがすべての弁護士に義務づけられています。
     参考になりましたでしょうか?

     弁護士というと、東京の某法律事務所の下品な漫画と情報弱者につけこんだ高額な料金設定などのせいで、ぼったくって犯罪をもみ消すようなイメージを広められていますが、大多数の弁護士は倫理規程を踏まえて適切な弁護活動をしていること、ハッキリ言って稼げる仕事ではないことをご理解いただければと思います。

     それにしても、刑事事件における弁護士倫理には本当に落とし穴だらけですね。度が過ぎる示談交渉をして懲戒された人もいましたし。

     なんとなくですが、最近若手弁護士を中心に「刑事弁護地雷観」が広まっているのではないかという印象を持っています。方針や依頼者等への対応などをちょっと間違えただけで懲戒請求されてしまうのではないかという恐怖感から、トラブルにならないよう余計な活動は何もせず、被疑者国選でそれなりに接見回数をこなしとけばいいや、という傾向があるんじゃないかと。
     杞憂だといいのですが。
     
    ひより台大橋から太白団地へ向かう
     市営地下鉄東西線の開業にあわせ、西の終点である八木山地区ではこの秋3つの道路が開通しました。

     1つは、八木山生協前から西多賀・長町方面へまっすぐ下りる道路、「長町八木山線」
     次に、八木山南、「ルグレン」の先を曲がって鈎取方面へ下りる道路、「郡山折立線」
     そして、同じく八木山南からひより台に渡る「ひより台大橋」の開通。 (参考 八木山放送局Netさん「ひより台大橋 祝・開通」

     先日、思い立ってこれらの道路をすべてドライブしてみました。

     まずはモール・太白区役所前方面から、国道286号を突っ切り、芦の口小学校前を上っていきます。これまで八木山に向かうルートとしては、セブンイレブン前を左折して三神峯公園前・金剛沢から向かうか、カーナビを見ながら西の平周辺の細い道を探って走るくらいでしたので、新しい道路はかなり便利になります。

     続いて八木山南の模型屋さんの交差点から仙台西高校前を通り、鈎取方面へ。
     以前は鉤取寺そばローソンの交差点が渋滞スポットで、ここを通らないと鈎取方面に行けませんでしたが、これでまっすぐ鈎取に抜けられる。ははーん、「ベガスベガス」前に来るのね、そうきたか。
     地図で分かってはいたつもりですが、道というのはいざ走ってみないと感覚としてつかめないものです。

     そして286号で折り返して八木山南団地に戻り、最後に「ひより台大橋」へ。
     
     私は太白区の山田自由ヶ丘で育ち太白小学校へと通っていたので、この辺りのこともよく知っているつもりですが、この辺りは交通アクセスがよくなかった。山田自由ヶ丘なんかはバスの終点になるくらいですから、ハッキリ言って町外れ、地の果てでした(今住んでいる方が読んでいたら本当にゴメンナサイ)。
     それが、こんなに近くなるとは。この橋もモノレールともども計画だけで消えたのではないかと半分思っていたので、本当にできたかと思うと感慨深いものがあります。
     
     橋を渡り、ここには何があった、今はこうなったか、と思いながらのドライブを楽しみました。

     なぜかあるロータリーの交差点は今も変わらず。よく髪を切ってもらった「オオツ」さんはまだ健在。
     ここの薬局は閉店したのか。このお茶屋さんは昔から、やってるのかどうかよく分からない店だった。
     確かここには「ぶっちゃけ市」という商店があって、今井医院さんは代替わりしたんだっけ。先代の先生にはお世話になりました。

     太白エンドーは2階建ての建物に地下駐車場があって、屋上にウルトラマンがいたけど、今は建物が新しくなり西友に。
     広いゲームコーナーがあって、不良のたまり場だから近寄らないように言われていたな。店内にはずっとテーマソングが流れていて、その曲がチェリッシュの歌っていたもので「ハローハローウィンター・・・」という歌詞がついていたらしいことは大人になってから知りました。(『宮城なつかしCM大全集』参照)

     この仙台銀行の支店は、つぶれた徳陽シティ銀行だったところ。そして、その向かいに太白小学校。

     母校を見たときに、あれは小学校か中学校の教科書で読んだのか、なぜかふと魯迅の『故郷』を思い出しました。
     ここは思い出の場所ですが、確実に時は流れたんだな。

     「髪パッチン」は同級生のお父さんがやっている店だったっけ。元気にしてるかな。
     あれ? そういえば、一度も小中学校の同窓会に呼ばれたことないぞ・・・

     ちきしょう、来るんじゃなかった。

     山田自由ヶ丘は、相変わらず信号機がない。あの商店は消えて、この商店は牛乳の配達センターになったか。
     せっかくだから、秋保電鉄のトンネルも見ていこう。お化けが出るとかいう他愛もない噂もあったけど、誰一人怖がる子はいなかったね。
     このひと気のなさ、高齢化が進んでいるんだろうな。コンビニもないし、この辺の人は買い物をどうしているんだろう。

     それにしてもモノレール・・・いや、今さら何を言っても。

     希望は本来有というものでもなく、無というものでもない。これこそ地上の道のように、初めから道があるのではないが、歩く人が多くなると初めて道が出来る。 (魯迅『故郷』


    (追記)
     幻の都市交通を追う 秋保電鉄と仙台市の鉄道計画 というサイトを見つけました。
     もし秋保電鉄が残っていたら…
    竹森さん、ずいぶん変わったなぁ?
     ロースクール時代の同期で、現在は東京・銀座に事務所を構える竹森現紗(たけもり・ありさ)弁護士がこのたび本を出したと聞き、さっそく買ってみました。
     タイトルは、『銀座の弁護士が教える泣かない女になる方法』(文響社)。
     内容についてはAmazonその他各所で紹介されていますので詳細はそちらに譲りますが、恋人DVや性犯罪被害、リベンジポルノ、セクハラなど、女性が被害に遭う場面ごとに必要な情報がまとまっていると思います。

     それにしても。

    竹森新刊

     もともと華もタレント性もある人だったけど、竹森さん、ずいぶん変わったなぁと表紙のお姿を見てしみじみ。

     …

     ……ん!?

     この表紙の女性、竹森さんじゃないぞ! 誰だこれ。
     彼女なら自身で表紙を飾ってもいいくらいの人なのに(褒め言葉)


     ここからは余談。
     こういう本を見て常々思うのですが、義務教育において最低限身を守れる程度の法律知識、社会常識は教えておいた方がいいと思うんですよね。
     たとえば弁護士会の法教育委員会などが中高生に出前授業をするにしても、1~2時間で伝えられるものはどれだけあるか。せいぜい違う立場から物を見てみようとか、ルールは何のためにあるんだろうとか、考え方のヒントを伝える程度しかできません。

     社会に出た後に、実は法律で守られている権利があるのに、それを知らず理不尽を甘受している人が多数いるのではないかと思うのです(最近では特に労働関係、派遣とかブラックバイトとかひどい話がありますね)。
     書類に判子を押す意味、クレジットカードの仕組み、詐欺・悪質商法を見分ける嗅覚、友人に金なんて貸すもんじゃないこと(法律をもってしても無い袖は振れない)、トラブルに遭ったときに相談すべき場所など、せめて学校教材の副読本の形にでもまとめられないものでしょうか。
     題して、『弁護士が自分の子供に教えたい法律と社会の仕組み』とか。私が書いても誰も手に取らないでしょうから、弁護士有志で作れたら…来年以降の課題かな。

     弁護士会も、もっと一般人向けに売れそうな本を出すといいと思うんですよ。全会員からアンケートを取って、例えば支払いの渋い保険会社のランキングを載せた『この保険会社がしぶい!』とか、法テラスの悪質対応事例を集めた『この法テラスがひどい!』とか、そこそこ売れると思うのですがどうでしょう。
    株主優待でスパリゾートハワイアンズへ
     仙台市内が地下鉄東西線に沸いた先週末、仙台を離れ1泊2日で福島県いわき市の「スパリゾートハワイアンズ」まで家族旅行に行ってきました。

     株主優待券を目当てに常磐興産(9675)の株を持っていたのですが、ようやく行くことが出来ました。ちゃんと映画の「フラガール」を観て予習してから行きましたので、ここがあの寂れた炭鉱の街なのか(失礼)と、感動もひとしお。

     ホテルもいくつかあるのですが、「地中海のリゾート地リビエラをイメージした」との売り文句に誘われ「ウイルポート」を選びました。
     写真のとおり、ちょっと小洒落た感じです。
    ウイルポート ウイルポート2

     おなじみのプールにスライダー、ポリネシアンショーというイメージで出かけたのですが、予想を裏切りひとつのテーマパークという印象を受けました。
     もちろんプールも楽しかったのですが、「スパリゾート」の名前の通り温泉を使った施設がたくさんありまして、とても1日で回れるところではありませんね。

     まずプールの方は、子供の身長にあわせて深さの違うプールがあったり、子供専用の滑り台もあったりと、子育て世代にはもってこいの施設だと思います。流れるプールには、なんと熱帯魚のいる水槽が併設され、魚とともに泳いでいるような…というと言い過ぎですが、よくこんなのを考えたなと感心。

     温泉の方も、普通に裸で入る源泉掛け流しの温泉の他、水着でジャグジーや打たせ湯などを楽しむエリアもあって、こちらは子供から高齢の方まで幅広く利用していました。

     そしてお目当ての夜のショー。フラの素晴らしさはもう私が語るまでもないのですが、個人的に心を動かされたのはファイヤーナイフダンス。何ですかあれ!
     両端に火の付いた棒状のものを高速で回転させ、火を口に入れ(絶対熱い!)、股をくぐらせ(燃えるってば!)、放り投げてキャッチ。照明を落としたステージで炎をあやつり躍動する褐色の男、かっこいいぞ。

     いやー、こんなに楽しめるとは思いませんでした。これでもか、というくらい楽しませようとするテーマパークです。ホテルの皆さんも、子供がバイバイと言うと必ず手を振ってくれましたし、サービス精神も感じました。

     少々残念な点としては、仙台からの送迎バスが現在はないこと、館内の自動販売機など物価がやや高めなこと、ウイルポートの客室が乾燥していたこと(ただし水着・タオルは一晩で乾く)くらいですね。
     まあそんなことを差し引いても楽しかった。 

     館内が暖かいため半袖のアロハで過ごしていたのですが、常夏の楽園から一歩外に出た瞬間、そういえば今は冬だったと現実に引き戻されました。今度は夏に行きたいなあ。

     今回は株主優待券を使った結果、交通費を除き、「ウイルポート」大人2名、幼児1名での宿泊(2食付き)、夕食時のビール代、浮き輪レンタル代など全部込みで3万円程度に収まりました。

     なお株主優待ですが、1単元1000株が15万円程度で、半年ごとに宿泊割引券や入場券をもらえる(もちろん配当金も)という優待内容。株価も安定してますし、長期保有するつもりです。

     参考 http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9675.t (Yahoo!ファイナンス)
    仙台の観光名所・瑞鳳殿の前に中華の名店あり
     先日、瑞鳳殿で夜間に紅葉をライトアップするという催しがあると聞いて出かけてきました。
     夜の紅葉というのもなかなかオツなもので、報道ステーションならこの映像をバックに全国の天気だな、などとぼんやり思いながら入場料金のかからない外側から眺めていました。

     さて瑞鳳殿近くの店といえば、美味しくて手土産に持って来いのスイートポテトの「ぽぷら」、レストランの「パリンカ」のほか、おいしい塩ラーメンを出す「千代らーめん 瑞苑」がありましたが、少し前から店名が変わっていることに気づきました。

     新しい店の名前は、「中国食処 茶※麟」(※は草かんむりに「府」の字。漢字を探したけど変換できない)。
     表のメニューを見るにどうやら中華料理屋らしいので、その味のほどと、この店名は「チャップリン」と読むのかの確認をするため入ってみることにしました。

     メニューの数を見てもそれほど多くなく、町の中華屋さんという感じを受けました。味にはそれほど期待せず、鶏のカシューナッツ炒めと黒酢の酢豚、それと五目チャーハンを頼んだのですが、これらの料理がいずれもナイス。
     特にお勧めは黒酢の酢豚。具材は豚・玉ねぎ・椎茸とシンプルなのですが、黒酢あんの香りとコク、酸味と旨味のバランスが絶妙です。
     チャーハンは味付けは控えめながらパラパラのご飯、カシューナッツ炒めもいける味。いいじゃないか。

     なのに、お客さんが多くないな…

     食べているうちに他のお客さんもいなくなったので店員さんと少しお話しをしたのですが、やはり店の読み方は「チャップリン」で、以前のラーメン屋さんのご兄弟が開業したそうです。店の宣伝は一切せずに開業してしまったそうで、大丈夫ですかね。

     ちなみに食後には菊の花のお茶をサービスしてもらいました。これは内臓がきれいになるとのことで、食材のみならず中国茶にもこだわりの一端が見て取れました。

     先ほど検索してみましたが、今日現在この店は「ぐるなび」にも「食べログ」にも載っておらず、当然ながら瑞鳳殿に来る観光客が手にするガイドブックにも載っていないと思います。
     隠れた名店が、隠れたまま埋もれてしまうのは惜しい。
     
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈