スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    やっぱり、納得がいかない
     かぐや姫(南こうせつの方ではなく、昔話の方)が出てくる某CM、見るたびに違和感が残ります。

     かぐや姫「私は、月へ帰ります」 
     爺「債務が残っておるぞ」
     

     踏み倒して夜逃げする気でしょうか。

     婆「(ピー)に相談してみたら?」 
     かぐや姫「月からは遠いし」


     「遠いし」じゃないよ。それって借金をほったらかす理由になるの? 無責任な。

     ・・・などと言いたくなるのは、私の感覚がおかしいんですかね。
     それとも、かぐや姫の言動のおかしさを強調することで、どこかに相談することが正しいのだ、というメッセージなのかもしれません。その方が納得できるか。
     
     あのCMの最後に1秒くらいパッと出る料金体系も、静止画像で見たらなかなかの金額でして、これはブランド代ということなんですかね。
     日弁連の広告規程の解釈上、品位を害するとして比較広告は禁じられているので、これ以上深くは立ち入れません。歯切れが悪くてすみません。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。