スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    弁護士報酬の決め方~初めて挑む分野の場合
     報酬額をどのようにして決めるか、正直悩む事もあります。
     特に、弊事務所の弁護士費用一覧表で直接規定していない事件の場合、いくらほど頂戴すべきか、もらいすぎても少なすぎてもいけないというバランス感覚が問われます。

     以前、ネット掲示板に名誉を毀損する書き込みをされたので、削除をさせて犯人を突き止め、慰謝料を請求したいというご相談を受けたことがあります。
     まずは削除の仮処分にIPアドレス開示の仮処分、IPが判明したらこそからプロバイダに対して発信者情報開示、という2段階の手続きを踏むということは、知識として知ってはいたのですが、今までに取り扱った経験はありませんでした。
     相談者から「費用はいくらぐらいでしょう?」と聞かれましたが、答えに詰まりました。

     一般的に内容証明で済む話なら2~3万円、交渉なら10万円、訴訟(保全手続き)となれば着手金20万円から、という料金設定ではありますが、発信者情報の特定は必ずしも上手くいくとは限らないとも聞いていますし、名誉毀損の慰謝料の額も(芸能人など一部を除けば)残念ながらそれほど高額になることもありません。そのため、削除はできたが犯人の特定に至らない場合の成功報酬はどうしたら、などと様々なケースがあり得るわけで、報酬額の決め方に悩みました。

     後に、他の先生はいくらもらうのだろうと検索したら、IT弁護士として著名な神田知宏弁護士が報酬額を公表していました。おそらく、これを超えない額であればバチは当たらないだろうと思っています。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。