忘れられない刑務所見学
     法科大学院の講義の一環で、刑務所見学に行ったときの話。


     雑居房や単独房、風呂場、工場など建物内を一通り見学した後、広いグラウンドのある運動場へと出た。広いといってもそこは刑務所、もちろん高い塀に囲まれている。


     案内役の刑務官が、「ここでは、運動の時間にソフトボールなどを行ないます」と説明する。


     「ハイ。」 ここで見学者の一人が質問のため手を挙げた。


     「打球があの塀を越えると、ホームランですか?」
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈