裁判傍聴って、流行ってるんですか?
    おばんです。弁護士の村上匠です。

    今朝、裁判所の前で記念撮影をしている若い女性の2人組を見かけました。
    どういう理由からでしょう? この春から大学の法学部に進学されたのか、それとも裁判傍聴に来られたのか。

    裁判傍聴といえば、仙台でも傍聴をする人が増えてきているのか、地裁の廊下で一般の方から呼び止められて、質問を受けたことがあります。
    もちろん守秘義務に反することには答えられませんが、司法制度に興味・関心を持ってもらうことはいいことだと思うので、法制度や裁判手続きなどについては積極的に答えるようにしています。
    ただ僕みたいな弁護士は少数派なので、あまり廊下で弁護士を呼び止めないようにしてください。

    パ・リーグの予告先発みたいに、「国選弁護人村上匠が、何月何日何時の○○事件に出廷します」みたいな情報公開でもしてみようか、などと愚考しました。
    しかしこれは誰も得しない情報ですね。僕の引き受ける国選事件では、面白いものはありませんし。
    阿曽山大噴火さんの傍聴記みたいな面白事件は、そうそうないです。

    見に行くのだったら普通の刑事裁判より、裁判員裁判の方が見ごたえがあると思いますよ。
    いずれ廃止される前に一度行ってみるのもよいかと。

    にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
    にほんブログ村
    ↑ 皆様のワンクリックでランキングの順位が上がります。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈