「ポチたま」まさお君の映画は観に行く気になれない
     昨日、映画『テルマエ・ロマエ』を観てきました。
     原作の漫画も好きなので、どのように映像化されるか楽しみだったのですが、コメディ映画にはもったいないくらい本格的な古代ローマのセットには関心しました。笑いのツボもしっかり押さえており、佳作だと思います。
     ルシウス役の阿部寛も、ローマ人に混じっても特に違和感がなく溶け込んでいました。

     ところで映画といえば、もうすぐ「ポチたま」の松本君とまさお君を描いた作品が6月に公開されるようですが・・・。
     正直、あまり心が動きません。予告の映像を見る限り、まさお君役のラブラドールが本物に較べて可愛げがない印象ですし、さらに松本君の役があのタレントでは。

     映画公開記念に発売されるスペシャルDVDの方に興味があるのですが、ローソンで予約をしようかと調べていたところ、
    http://www.lawson.co.jp/loppi/static/images/loppigoods.pdf
    masao.jpg
    (上記リンク先より批評目的引用)

    映画の紹介ページなのに、不自然な空白。あの主演タレントの事務所が、写真を使用する許可をしなかったのでしょう。
     もちろんタレントの肖像権やパブリシティ権がある以上、どこに写真を使わせるかは自由なので、法律家として口出しする筋合いはありません。
     しかし、原作ファンを失望させるあのタレントのキャスティング、しかも広告に写真を使わせず・・・。私はこの映画は敬遠します。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈