福利厚生もカットなら、もう解散しかない
     どことは言わんが、ある目的のために強制加入にしている職能団体が、その構成員の福利厚生すら考えないようなら、もう解散していいのではないか。
     健診は全額自費でやれ、病気になろうが野垂れ死のうが知らんというのでは、もはや構成員のための団体としての体をなしていない。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈