どうしよう、カセットテープなんかないぞ
     新司法試験の択一試験対策で勉強した知識として、簡易裁判所での証人尋問では文字起こしをして尋問調書を作ることはないとは知っていました。

     では、後に尋問でのやり取りを知りたくなったらどうするか。

     こちらの「弁護士のつぶやき日記」さんの2007年の記事では、カセットテープを持参して音声を複製してもらったことが書かれています。

     ちょうど最近、私も簡裁事件の控訴審を担当することになり、簡裁での尋問内容を把握することが必要になりました。
     カセットテープ持ってこいと言われたらどうしよう、カセットデッキなんか持ってない・・・と不安に思って簡裁に問い合わせたところ、録音用の空のCDを持ってきてくださいとのことでした。

     さすがに、今ではカセットテープじゃなくなったようですね。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈