年末最後の大仕事
     3連休明けの今日、過去最高の枚数となる保釈請求書を裁判所に提出しました。ある特殊事情から、おそらく前例のほとんどない趣向を凝らし、個人的なこだわりを入れてみました。

     年内に決着がつくかどうか。おそらく最初の判断が許可・不許可のどちらであろうと、準抗告、特別抗告という流れになると予想されるので(検察側はどうか知らんが、こっちは少なくともやるよ)、年内に決着がつくかどうかは微妙ではありますが、私個人としては今年の集大成、来年の吉凶を占うつもりでフルスイングしたつもりです。

     特に今年は、保釈など刑事弁護の成績に応じて募金するプロジェクトをやっていたこともあり、年内にもう1個保釈を通しておきたい。

     さあ、アウトかセーフか?

     数日内に続報がなかったらアウトだと思ってください。セーフならその旨書きます。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈