手帳を見ながら一年を振り返る
     今年も4時間余りで一年が終わります。そこで、今年の弁護士日誌を引っ張りだして、この一年を振り返ってみようかと思いました。

     1月。青森や秋田への出張があった。新幹線さえなければ泊まって温泉にでも入りたかった。

     2月。「すべらない話」で語ってもよさそうなくらい面白い国選の事件があったが、守秘義務があるのでブログには書けない。また、複合商業施設での相続相談会にお誘いを受けて初参加。2回目のお声がかからないということは、不採算だったのかな。

     3月。盛岡で行われた落合博満講演会に参加。裁判員事件の準備に忙殺。

     4月。今月も、裁判員事件の準備に忙殺。

     5月。仙台で行われた落合博満講演会に参加。裁判員事件本番、次からは裁判員は断らせてもらおう・・・。

     6月。何があったかは書けないが、国選運が良くないと感じた月。

     7月。同じく何があったかは書けないが、法テラス運も良くないと感じた月。

     8月。パック旅行でドイツ・フランス旅行。ささやかながら円高の恩恵を受ける。また、親戚一同が集まるご家庭に訪問する相続相談を実施。これからはこういう家庭訪問型のニーズが高まるかもしれないと感じた。

     9月。保全関係で走り回った。

     10月。何があったかは書けないが、また手間のかかる国選事件に苦しめられる。

     11月。アレルギーの血液検査をしてもらったところ、犬・猫にもアレルギーの反応が出た。

     12月。始発の新幹線に乗る東京出張が2回。早朝の東京地裁前は、抗議の準備をしている方々がいてなかなかカオスな雰囲気だった。


     振り返って思うのは、しんどかったのは国選事件と法テラスの事件が中心で、普通の報酬をいただける事件の方が腹が立つことも少なく、満足度も高かったように思えます。
     これまではどんな事件も勉強だと思い、なるべく選り好みをせず、また報酬のことは考えず国選や法テラスの扶助事件を受けてきましたが、今年10月で弁護士生活も4年目。そろそろ事件を選んでいく時期なのかもしれません。

     いやホントに酷い案件がありました。もう終わった事件ですが、ちょうどアイアンシェフがやっているので料理人に例えるなら、客が厨房に入ってきて、料理人に対し野菜の切り方一つ一つに注文をつけて、繊細な味付けをした肉じゃがにカレー粉を入れてカレーにされるような、そんな「客」がいました。料理人を何だと思っているのか。専門家には裁量というものがあるでしょう。

     それにしても、事件に関することは守秘義務で書けないので、そもそも1年の振り返りをブログの記事にするのは間違いだった気がします。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈