おみくじ
     昨年末に横浜中華街に遊びにいった際、とても良いおみくじを引きました。

     石川町駅や元町に近い方に、横浜媽祖廟(まそびょう)という神様をまつった廟があります。
     ものは試し、お参りしておみくじを引こうとしたところ、どうやらちょっとした儀式があるとのことで、手取り足取り教えてもらいました。

     まず、多数のおみくじ棒が入った筒を受け取り、ひざまずいて、住所・氏名・生年月日・神様にたずねたい事を心の中で唱えながら筒を傾けて振っていきます。そうするとおみくじ棒が少しずつ出てきますので、一番長く出た棒を引き、番号を確認します。

     さらに、神筈(しんばえ)という2個1組の三日月形の道具を投げ、表と裏のどちらが出るかを確認。両方とも表か裏だとくじの引直しとなり、表と裏の組み合わせならようやくおみくじの紙がもらえます。

     そして、引いたくじがこちら。(クリックで画像拡大)

    omikuji.jpg

     「訴訟、勝つ望み有り、冤罪なら正すチャンス有り。」
     弁護士が引くおみくじとして、これ以上のものがあるでしょうか。

     買うつもりのなかったお守りまでいただいて帰りました。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈