スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2年2か月ぶりの献血
     2年2ヶ月ぶりに献血(通算54回め)をしてきました。

     通算50回目の記念品をもらうと次は100回になるまで記念品がないことや、仙台の献血ルームは粗品がしょぼいこと(お菓子1個)、またそこそこ仕事が忙しくなったことなどから献血ルームからは足が遠のいていたのですが、ある考えから仙台駅前のAERビルの献血ルームに行きました。

     その理由とは、雪景色。
     AERビルの献血ルームは20階にあり、仙台市内、特に東側の風景が一望できる素敵な場所にあります。

     美しく白く染まった仙台平野は絶景でした。そして遠くには太平洋。海の手前には、歯の欠けた櫛のような松林。

     あの海が2年前には。
     あの日もしここにいたら、どのような情景が見えたのだろう。

     いろんなことをぼんやり考えながら、採血ベッドの上から仙台平野を見下ろしていました。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。