「裁判所の命令による猫の殺処分」?
     タレント・松本秀樹さんのブログで、「神奈川県寒川町にて33匹の猫さん達が21日に処分。」という記事があり、その中で「神奈川県寒川町にて猫の多頭飼育崩壊があり、裁判所の命令により21日(月)までに里親が見つからない子は殺処分が決行されるそうです。」という衝撃的な一文がありました。(なお、現在引き取り手は見つかったようで、殺処分はない見込み)

     ただ、裁判所が動物の殺処分を命じる制度はないはずなので、どういうことなのか情報発信元のブログを確認すると、どうやら建物明渡の強制執行が決行され、その建物で多数飼育されていた猫が処分業者に引き渡される可能性があるとのことでした。

     こういう場合、明渡しを求める債権者側も辛い立場ですね。動物保護団体に協力を求めても、全部の子が引き取られる保証もないですし。

     一番悪いのは、飼育能力を超えて多頭飼いをした飼い主。劣悪な環境での多頭飼いは虐待です。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈