スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    「Bに相続させる」旨の遺言、そのBさんが先に亡くなっていたら(最判平成23年2月22日)
     こんにちは。弁護士の村上匠です。
     平成23年2月22日の最高裁判決で、実務に影響を与えるであろう新判例が出ました。

    h230222.jpg
    (↑ クリックすると相続関係図が出ます。分かりやすく一部簡略化しています)

     「Bさんに相続させる」という内容の遺言を残したはいいものの、そのBさんが先に亡くなった場合、遺言の効力がどうなるかという問題がありました。今回の判決は、この問題に決着をつけたものです。

     このような事案では、「特段の事情のない限り」、その遺言は無効とされるとの判決が下されました。そして、例外となる「特段の事情」は何かというと、

    >当該「相続させる」旨の遺言に係る条項と遺言書の他の記載との関係,遺言書作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などから,遺言者が,上記の場合には,当該推定相続人の代襲者その他の者に遺産を相続させる旨の意思を有していたとみるべき特段の事情のない限り,
    (上記判例より引用)

     つまり、上の図でいえば、「Bが先に亡くなっていたら、被相続人AにはYらに相続させる意思があった」と見るべき事情が、遺言の条項や周辺状況から読み取れることが必要となります。

     そうなりますと、今後遺言書を作成する場合には、「もし遺産を残してあげたいと思う方が先に亡くなっていたらどうするか」という点に配慮した条項も考えないといけなくなります。

     昨年あたりからビジネス系雑誌を中心に遺言がブームになっていますが、次の改訂では間違いなくこの判決を反映する必要があるでしょう。

    にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
    にほんブログ村
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。