誰だ? 「仙台弁護士会 53期 S先生」
     事務所に届いていたF総研のDMより。

    sendai53.jpg

     どう見ても男性のシルエット。

     しかし、仙台弁護士会の53期でイニシャルS、かつ男性という条件を満たす先生はいない。

     東京の支店が進出してくると地元での競争が激しくなるという声も、少なくとも自分が肌で感じている感覚とは合わない。そもそも事件数自体が減少しており、(一時期の債務整理案件を除けば)支店事務所に客が流れている訳ではないでしょう。
     「東京の事務所は広告をやっている事務所のアピールをしているみたいだけど」・・・ちょっと意味が分かりかねる。

     この先生は、実在するんですかね。

    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈