山形への小旅行(前編)お釜・冷やしラーメン
     今年の8月、蔵王エコーラインから「お釜」経由で、山形県の蔵王温泉へ一泊二日の家族旅行に行きました。

    (お釜。山頂で大渋滞に巻き込まれ、到着したのは午後3時でした。)
    okama.jpg

     山を下り、蔵王温泉街に到着。

     蔵王温泉は無色無臭の泉質でしたが、湯量は豊富で心地よく汗を流しました。また、高原らしく夏でも風が涼しく、避暑にはお勧めといえます。

     さて困ったのが2日目です。蔵王温泉街のあたりは特に観光地はなく(冬はスキー客でにぎわう)、泊まったホテルの人に見るところを聞いても首を傾げられる始末。では山形で見るところは何かないかと考えても、うーん・・・。この暑いのに山寺というのも。「岩にしみ入る蝉の声」を聞いてもねえ。

     エコーラインを戻るのもなんですから、とりあえず将棋駒の生産で有名な天童市に行って、お腹が空いたら山形市内で冷やしラーメンでも食べて帰るか、という計画を立てました。

     天童には子供の頃に親に連れてきてもらったことがありまして、自分の名前入りの将棋駒キーホルダーを作ってもらったことがありました。町中には、歩道にこのような詰将棋があります。

    tendo1.jpg

     ただ、駅前に1箇所しか見つかりません。昔来たときは、もっとあったはずなのに。

    tendo2.jpg

     これは・・・

    tendo3.jpg

     どうやら工事のため歩道の詰将棋は剥がされていたようです。

     その後、山形市内に移動し、名物冷やしラーメンの元祖である「栄屋本店」へ。
     
     こちらが名物冷やしラーメン。冷たい牛のスープでは澄んでおり、脂が固まりにならないように店主が工夫されたとのこと。
    hiyasiramen.jpg

     こちらは冷やし鳥中華。私はこちらの方が好みでした。ともかく和風中華のスープが旨いのです。
    hiyasitori.jpg
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈