GeneLife2012~遺伝子検査をしました
     今年、以前から関心のあった遺伝子検査をついに体験しました。

    「そうか、村上先生のとこの息子は血がつながっていなかったか。」

     残念ながら違います。遺伝子を検査することで、将来発生するリスクが高い病気は何かを調べてみようというものです。
     GeneLife2012という検査キットを使って、自宅で唾液を取り、これを送って検査をしてもらいました。

     値段は29,800円と高めなのですが(アメリカでは1万円程度でできるらしい)、今年は人間ドックを受けない代わりに、こちらを試してみることにしました。
     ちなみに、なぜ人間ドックを受けなかったかというと、昨年までは地元弁護士会の協同組合が人間ドックの費用を補助してくれていたのですが、今年から財政難のため補助が打ち切られてしまい、完全に自己負担になったからです。加入メンバーの福利厚生さえ切り捨てる、中世ヨーロッパのギルドにも劣るこの組織、さっさと強制加入制度をやめて潰せば(ゴニョゴニョ)。

     閑話休題。
     ネットから申込みをして代金を振り込みますと、自宅に検査キットが届きます。プラスチックの試験官のような容器があって、これに唾液を入れろとの説明書き。結構な量の唾液が必要になるので、梅干しを目の前に用意して、これを見ながらなんとか絞り出しました。
     これを検査機関に送り、生活習慣について専用のサイトで問診を受けます。肉が好きかとか、睡眠は十分とれているかとかのアンケートを答えるだけ。

     検査をするのはアメリカの検査機関らしいので、DNAという究極の個人情報をアメリカに握られるのは嫌だという方にはお勧めできません。アメリカでは病気になりやすいDNAを有していると生命保険料が高くなるとか保険に入れないとかそんな話もある以上、申込みは完全に自己責任でお願いします。
     遺伝子の研究は果たしていいコトずくめなのか。将来的に、例えば黄色や黒い肌の色の遺伝子を有する人間だけにダメージを与えられる生物兵器とか、ある特定の価値観からすればマイナスになる人間が生まれないようにしようとか、そんな技術が作られないことを願うばかりです。

     さて、それからだいたい2か月後くらいだったでしょうか、検査結果が出たのでサイトにアクセスしろとのメールが届きました。
     予め決めておいたパスワードを打ち込むと、検査結果の画面が現れました。
     個人情報なので公開するかどうか迷ったのですが、特にひどい結果ではなかったのでお見せします。

     こんな感じで、どの病気にリスクがあるかグラフで表示されます。腰痛と痛風がちょっと気になります。
    gene01.jpg

     個別の項目。身長はやや高めの遺伝子を有しています(なお177センチ)。
    gene02.jpg

     腰痛のリスクもやや高めの遺伝子を有しているみたいです。腰痛は一時期ひどかったですが、いい整骨院を見つけてからは腰痛が出ていません。
    gene03.jpg

     このように、生活習慣についてのアドバイスもあります。
     gene04.jpg

     正直言いまして、これで3万円弱はちょっと高かった気もします。おそらくこれから普及するに連れて価格は下がっていくでしょうし、まだ解明されていない遺伝子の働きもあります。それに、病気の因子は遺伝子のみならず生活習慣に左右されるところも大きいはず。

     まあ二度とやることはないかなと思っていたら、新たな商品の案内がきました。

     なになに、自分のルーツを探る? 9800円か、うーん。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈