スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    国道4号線・箱堤交差点に弁護士法違反の疑いあり
     今日は仙台中央卸売市場の中にある食堂に海鮮丼を食べに行きました。
     これがまたネタの活きがよく、さらに安くてリピーターになること間違いなしの店だったのですが、グルメレポートよりも問題になるものを見つけたのでこちらの方を記事にしようと思います。

     国道4号線の箱堤交差点に面した、でかい看板。

    (画像クリックで拡大。画像はグーグルマップより)
    hakotsutsumi.jpg

     某グループと称する看板に「弁護士」との記載があったので、「そんな名前の弁護士事務所は聞いたことがない」と気になり、帰宅後さっそく検索してみました。
     そうしたところ、そのグループの名称を冠する法律事務所は存在せず、とある行政書士事務所がヒットしました。
     どうやらその行政書士は、弁護士を初め他の士業と提携しており、他資格のサービスも提供できますと謳って広告をしているようです。驚いたことに、サイト内には「業務案内」として「弁護士業務」が紹介されています。

    (画像クリックで拡大)
    aia.jpg

     これらの看板ないしサイトは、弁護士でない者が「弁護士」の標示又は記載をしており、弁護士法74条1項に違反する疑いが極めて強いと思われます。

    (非弁護士の虚偽標示等の禁止)
    第74条第1項  弁護士又は弁護士法人でない者は、弁護士又は法律事務所の標示又は記載をしてはならない。


     たぶん税理士法、司法書士法、社会保険労務士法にも違反するのではないかと思うのですが(サイトには行政書士1人の名前しか出てこないのに、他の士業の業務も頼めそうに書いてある)、他の士業団体と足並みを揃えて一斉に告発するのはどうでしょうか。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。