弁護士報酬について
     平成23年7月改訂の、村上法律事務所の弁護士費用一覧表です(クリックで拡大)。

    hiyou.jpg

     ただし、文中の「*」の注釈にあるとおり、事件の難易度に応じて、30%の範囲内で増減額させていただきます。
     おおよそのイメージを掴んでいただくため、ざっくり説明いたしますと、相手方との交渉であれば着手金10万円程度、調停・訴訟であれば着手金20~30万円となるケースが多いです(消費税・実費等は別)。
     そして、事件終了後に、回収できた額や相手方の請求を減額した分(経済的利益)の、約10%を成功報酬として頂戴することが一般的です。
     あるいは、着手金と報酬金を合わせて「全部ひっくるめてこの額でお願いします」とご提示することもあります。
     
     他の事務所では、計算式が絶対的基準となっているところもございますが、弊事務所ではあまり執着しておらず、キリのいい数字でご提案することがございます。

    (参考・他事務所の例)
    名古屋にある花井綜合法律事務所様の弁護士費用見積りシステム

     弁護士費用については、依頼者の重大な関心事でありますので、十分なご説明を心がけたいと思います。決して無理な勧誘はいたしませんので、費用の見積りを取ってから依頼するかどうかの判断をしていただければ幸いです。
     
     
    関連記事

    Comment

    管理人にのみ表示する


    Track Back
    TB*URL

    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈