IDもパスワードも分からない
     少し前に話題になっていた、日弁連が保釈を支援する事業についてネットで調べました。

     日弁連の事業ではなく全国弁護士協同組合(全弁協)が主体で、保釈金を立替える訳ではなく保釈保証書を発行するんですね。全然知らなかった。
     
     「詳しくはご所属の協同組合にお問い合わせください」とあったので、その流れで仙台弁護士協同組合のホームページを見ていたのですが、どうやら組合員専用のページがある模様。
     脱退した覚えはないので、たぶんIDとパスワードがどこかで交付されていたはずですが、さっぱり記憶にありません。

     私が保釈支援の制度を利用することはなさそうです。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈