今日のGoogleトップ画像は鳥瞰図絵師・吉田初三郎
     今朝パソコンを立ち上げて知ったのですが、大正~昭和にかけて活躍した鳥瞰図絵師・吉田初三郎が生誕130周年らしいです。

     昨年台湾旅行に行った際、台北市内の雑貨屋さんに、鳥瞰図が表紙になっている手帳がありました。どうやら日本統治時代の花蓮(台湾南部の都市)のようで、風景に、地名や特産品が描いてあるのですが、作者名は載っていませんでした。
     家内がこの手帳を買い求めたのですが、今年になりテレビで「なんでも鑑定団」を見ていたところ、吉田初三郎の鳥瞰図が取り上げられており、「この人の作品かな」と思い当たりました。

     その後いろいろ本を読んだりして調べているのですが、この手帳と同じ絵は未だ見つかっていません。花蓮を描いた鳥瞰図はあるらしいので、たぶん手帳の表紙がそうなんだと思うのですが。


    吉田初三郎のパノラマ地図―大正・昭和の鳥瞰図絵師 (別冊太陽)吉田初三郎のパノラマ地図―大正・昭和の鳥瞰図絵師 (別冊太陽)
    (2002/09)
    不明

    商品詳細を見る
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈