次の事例における甲の罪責を論ぜよ
     仙台市図書館から「予約の本が届きました」というメールが来ていたので、昨日メディアテークまで借りにいきました。

     で、自宅に帰ってよく見たら予約した覚えのない本が1冊混ざっている。ネット上で予約状況を確認してみたら、受け取り可の状態の本が1冊。たぶん他の人が予約した本と取り違えられたのでしょう。

     せっかくなので読んでから返そうと思うのですが、このような場合、法的に分析するとどうなるか。釣り銭が多いことに気づかず受け取ったら詐欺とか占有離脱物横領とかそんな議論がありますが、この場合はきちんと貸し出し手続きを踏んだ本ですからね。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈