【募集】エンディングノートを書いていただける方を探しています
     募集のお知らせです。

     突然ですが、エンディングノートを書いていただける方を探しております

     以前のブログにも書きましたが、私は「終活カウンセラー」の初級資格を有しており、現在上級検定に挑戦中です。その検定の課題として、他人にエンディングノートを書いてもらい、書くためのお手伝いをした上で、その感想をレポートにまとめることが求められています。

     そこで、「もし自分に万一のこと(認知症、事故などで意識不明、死去)があったときのために、家族に残しておきたいノート」を作ってみたいという方を探しております。
     例えば、認知症になったときどんなケアを望むか、病歴・かかりつけの病院名、延命治療・葬儀についての希望、自分の死後にペットをどうしてほしいか、どの銀行と取引があるか、簡単な自分史・・・

     なかなか家族でも話題にならないからこそ、まとめておくのはいかがでしょう。私がお話をうかがいながら記入・作成していただきます(代筆も可)。
     お時間は1~2回、1~2時間程度を予定しております。
     弊事務所にお越しいただくか、またはご希望に応じてご自宅や老人ホーム等の施設を訪問いたします。

     対象者は特に限定を設けておりません。年齢不問です。
     「エンディングノートと言っても何から書いていいか分からない」という方でも問題ありません(むしろ歓迎です)。一からノートの書き方、終活の仕方をお教えします。

     エンディングノートの書式はこちらで用意いたしますので、ご準備いただくものはありません。
     謝礼はお支払いできませんが、もしついでに遺言書も作成したいとか、弁護士に相談したいようなことがありましたら無償で対応させていただきます。

     もちろん個人情報保護は固くお約束いたします。

     ご希望の方は、tmurakami1979-bengoshikai@yahoo.co.jp までメールか、あるいは村上法律事務所 村上匠(022-223-2150)までご連絡ください。
     お待ちしております。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈