数年ぶりの横浜
     仕事で、ひさびさに横浜まで出張してきました。
     横浜は大学時代に住んでいた街で、懐かしさを覚えます。

     街を歩けば、中村ノリののぼり旗が立っていたり、実に横浜らしい(?)。
    blacknori.jpg

     今回の仕事内容は、30年ほど前に横浜市の某所に住んでいた人の調査でした。野毛山にある横浜市立中央図書館で30年ほど前の住宅地図やブルーマップを調べ、現地を訪れ、警察署や近隣住民への聞き込みをしてきました。

     横浜出張ついでに寄りたかったお店がありまして、テレ東系ドラマ『孤独のグルメ』シーズン3第2話、横浜市日ノ出町の回で取り上げられた中華料理店「第一亭」というお店に行ってきました。
     daiichitei.jpg
     やはりこの店に来たからには、ドラマの主人公・井之頭五郎と同じ物を注文。
     まずは「チートのショウガ炒め」。これは、豚の胃袋をあんかけの炒めにしたものです。食感は鶏皮並みに柔らかく、全然ホルモンっぽさがありません。ショウガと塩が非常に効果的で、ビールが進みます。五郎はお酒は飲めないのですが、これは酒飲みが喜ぶメニューでしょう。

     何品か注文した後、シメにやはり裏メニューの「パタン」を食べてみたいということで、メニューの中で気になったホルモンスープと一緒に注文。
     先にホルモンスープが到着しましたが、これが凄い。何が凄いかって、ラーメンどんぶりになみなみと入っています。具は白ホルモンに、ニラ、細切りのにんじん、ショウガ。スープはいわゆる中華のスープにショウガを効かせています。この店の特徴なんでしょうね、ショウガ。これは冬の寒い時期なら最高でしょう。

     続いて、パタンが運ばれてきました。
     パタンとは、冷やした中太の中華麺に、たっぷりのごま油、ニンニクをあえ、刻みネギを載せたペペロンチーノ風の料理。これは息がとんでもないことになってしまうなと思いつつ、箸が止まりません。
     見ると、小鉢に小さいスープがついてきました。

     『孤独のグルメ』ファンとしては、こうつぶやかざるを得ない。
     「まいったな、スープがかぶってしまったぞ。」

     そんなわけで、チートとパタン、おいしくいただいてきました。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈