スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    柏木市民センター
     昨日19日は青葉区の柏木市民センターで、「事例に学ぶ高齢者の財産トラブル」と題し、相続のお話しをさせていただきました。
     相続のセミナーはそれこそ、税理士などの士業や信託銀行などの金融機関が実施するもの、あるいは終活をメインとするものなど、今では数多くあります。ですので、弁護士という職業柄お伝えできるテーマはなんだろうかと、毎回知恵を絞っています。

     今回も、実際に手がけた相続の事件をアレンジしたうえで、このような調停や訴訟では弁護士費用はどのくらいかかるのか、生前にどうすればトラブルを防げたか、という切り口での講習をさせていただきました。
     ちなみに、あんしん生活工房さんのセミナーは3部構成で、私は法律と実務の面を中心に、その他お二方は、不動産や終の棲家の問題、あるいは税金や心の問題を中心とするお話しをされています。不動産屋さんやFPの方など、他業種の方の話は本当に参考になります。

     それにしても毎回思うのですが、こういうセミナーに参加される高齢者の方は本当に勉強熱心な方ばかりです。メモを取ったり、セミナー後の相談会でも相談用に家系図や問題点のリストを書いて持参されている方もいらっしゃいます。
     参加無料なのに、冷やかしのような方がいないのが素晴らしい。もっと気軽に来ていただいても構わないのですが・・・。

     ちなみに昨日の相談会では、「本を読んでもよく分からなかったところがスッキリした」とのお言葉を頂戴しました。相続対策はケースバイケースですから、本で勉強しても自分に当てはまる例が出てこないことも多いでしょうね。

     今後は、中山、水の森、北山の市民センターを予定しています。あんしん生活工房さんからチラシが届いたらまたご紹介します。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。