【独自調査】プロ野球ファンは株を買うべきか
     趣味はプロ野球観戦と株主優待制度という私ですが、そういえば楽天とかDeNAとか上場企業だよな・・・とか思い、株主優待で野球関係のものがどれだけあるか、また権利を取るのにいくら必要かについてちょっと調べてみました。

     本日現在の順位表の順で紹介。なお、優待制度は急な変更があり得ます。

    【ソフトバンク】東証9984
     野球関連の優待なし。

    【オリックス】東証8591
     公式戦ホームゲームを優待価格にて。例、B指定席(1・3塁)・大人 3,000円が1,000円に。
     9月9日現在株価1,588円×優待に必要な単元100株=158,800円必要。

    【日本ハム】東証2282
     指定する試合の内野席観戦チケット2名様分。
     9月9日現在株価2,175円×優待に必要な単元1,000株=2,175,000円必要。
     なお、東京ドームの主催試合について後記【巨人】の項参照。

    【ロッテ】 親会社非上場

    【西武ホールディングス】東証9024
     パ・リーグ公式戦内野指定席(引換券) 5枚 ご優待(無料)
     9月9日現在株価2,212円×優待に必要な単元1,000株=2,212,000円必要。

    【楽天】東証4755
     株主様限定東北楽天ゴールデンイーグルスグッズを抽選で6名様にプレゼント
     東北楽天ゴールデンイーグルス主催試合の観戦チケットを優待価格でご提供(バックネット裏席観戦チケットが前売券定価額より2割引で8枚まで)
     9月9日現在株価1,270円×優待に必要な単元100株=127,000円必要。

    【巨人】 東京ドーム 東証9681
     野球株主証の交付。東京ドームで開催されるプロ野球ペナントレース巨人および日本ハムの主催試合全試合に、お一人様1日1回利用可能。
     ●4,000株以上30,000株未満
      巨人戦では当日の立ち見券1枚を、日本ハム戦では外野席券1枚を発券。
     ●30,000株以上60,000株未満
      巨人戦では当日の指定席券C1枚を、日本ハム戦では指定席券1枚を発券いたします。
     ●60,000株以上
      巨人戦では当日の指定席券A1枚、または指定席券B1枚、もしくは指定席券C2枚、日本ハム戦では指定席券1枚を発券。
     9月9日現在株価507円×優待に必要な最低単元4000株=2,028,000円必要。

    【広島】 マツダ 東証7261 
     株主優待なし。

    【阪神】 阪神阪急HD 東証9042
     野球関連の優待なし。ただ、株主総会には当然出席できるので、チームの不振について質問するのもいいかも。
     参考まで、630円×1単元1,000株=63万必要。

    【DeNA】 東証2432
     ①3月31日現在の株主様に、ご所有株式数に応じて、横浜DeNAベイスターズが横浜スタジアムで主催するプロ野球公式戦を観戦できる株主優待証を贈呈。
      (1)100株以上300株未満  内野指定席(A)当日チケット、もしくは後日窓口にて当日チケットと交換できる引換券合計1枚
      (2)300株以上  内野指定席(A)当日チケット、もしくは後日窓口にて当日チケットと交換できる引換券合計2枚
     ②横浜DeNAベイスターズが横浜スタジアムで主催するプロ野球公式戦の内野指定席を500円引きで購入できる割引証を贈呈。
     9月9日現在株価1,282円×優待に必要な単元100株=128,200円必要。

    【中日】 親会社非上場

    【ヤクルト】東証2267
     9月末株主に神宮球場の東京ヤクルトスワローズ野球観戦
     「株主優待証(外野自由席)の提供」
     ※1試合につき外野自由席の入場券2枚まで引換可
     100株以上 年間2試合まで(開幕〜閉幕)
     1,000株以上 対戦するセ・リーグ5チームにつき2試合ずつ計10試合、プラス交流試合2試合で計12試合まで
     9月10日現在株価5,530円×優待に必要な単元100株=553,000円必要。


     こうやって見ますと、野球ファンにとって元が取れるほどお得ってほどのものはないですね。

     仙台市民としては楽天の株を買っとくかどうか。12月末までに買えば優待の権利を取れるのですが、どうも最近の買収策とかを見ていると先行きがどうなのか。私はしばらく株価が下がると見ているのですが。

    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈