司法書士会主催のセミナー・映画上映会に参加
     少し日にちが経ってしまいましたが、先日の敬老の日に、宮城県司法書士会が主催するセミナーと映画上映会に参加してきました。
     せんだいメディアテークの7階にあるスタジオシアターが会場で、セミナーのタイトルは「司法書士による成年後見・相続セミナー」。同時上映の映画は、『僕がジョンと呼ばれるまで』。

     この映画は仙台放送の製作で、アメリカの認知症介護施設が舞台のドキュメンタリーです。家族がいたことすら覚えていない認知症の高齢者が、読み書き・計算などの「学習療法」を経て、症状が改善していく様子が描かれています。この学習療法は「脳トレ」の東北大学・川島隆太教授が生み出したもので、また映画内でも川島教授が登場するので、やや宣伝的な印象を受けないこともないのですが、それでも高齢者が劇的な変化を見せていたのは驚きでした。

     この日の午前の部は成年後見、午後は相続のセミナーだったのですが、ちょうど自分も成年後見制度についてセミナーの講師を頼まれていまして、午前の後見の部を拝聴しました。
     成年後見の分野では、正直言うと弁護士会より司法書士会の方が取り組みとしては先行しているので、司法書士会の取り組み方について勉強させていただきました。配布物のパンフレットが実に充実しており、感心することしきり。
     講義の方は、成年後見制度の概説とメリット・デメリットを分かりやすく解説するもので、会場に詰めかけた中高年の参加者も熱心に聞き入っている様子でした。

     細かいところで一点だけ気になったのですが(小舅みたいでごめんなさい)、配布されたレジュメの表で、「申立の際の本人の同意」について、「後見」は不要、「保佐」・「補助」は必要と記載されていたのが気になりました。

     正確には、保佐の場合は、その申立て自体には本人の同意は不要であり(補助開始について本人の同意を必要とする民法15条2項と、保佐開始について本人の同意について触れていない民法11条の対比)、保佐人にオプションとして「代理権付与の申立」をするときには本人の同意が必要です(民法876条の4第2項)。
     ですから、保佐では本人の同意が必要です、と書くのは不正確なんですよね。本当に細かいところですが。

     そんなことはともかく、このセミナーのすごいところは、内容からして主に中高年が対象なのに、無料託児サービスを用意していたところですね。たしか仙台弁護士会でも同じところで映画を上映するイベントをやっていましたが、予算の都合か主催する側に気配りがないのか、託児サービスはなかったように思います。
     イベントの企画力、集客力では弁護士会より司法書士会の方が一枚も二枚も上手ではないでしょうか。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈