知的障害者を守る保険
     これまで読んだ本で、「弁護士」という単語が出てきたものをランダムに紹介していくシリーズ第2回。


    不要な特約をやめて少額短期保険にしなさい!不要な特約をやめて少額短期保険にしなさい!
    (2012/07/13)
    上野 直昭

    商品詳細を見る


    「知的・発達障がいやてんかんのある方のための総合保険 ぜんちのあんしん保険 提供会社 ぜんち共済
    (中略) 具体的な保障内容は4つです。まず、病気やケガによる入院時に備えた医療保障、他人にケガをさせたり他人のものを壊したりしたときのための個人賠償責任保険補償、トラブルに巻き込まれたときの弁護士費用にあてる権利擁護費用補償、万が一に備えた死亡保障です」
     (49頁)

     生命保険でも損害保険でもない、いわゆる第三の保険である少額短期保険にスポットライトを当てた一冊。珍しい少額短期保険をいろいろ紹介しているが、そのうちの一つに、大手が扱わない知的障害者のための保険を取り上げている。保険弱者のかゆいところに手が届く補償内容がセットになっており、保険料も抑えられている。

     この他、葬儀費用を準備するための保険、賃貸物件での孤独死・自死に備える大家のための保険、糖尿病や不妊治療中など大手が断る人のための保険や、変わったところでは旅行の日に雨が降ったときの保険など、ニーズに応えて様々な保険商品が誕生していることが分かる。(情報はいずれも発刊当時のもの)
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈