天野くんが良かったなあ・・・
     テレビはBSやCSばかり見るのですが、特に好きなのは旅番組です。

     BS-TBS「地球バス紀行」という旅番組のナレーションがこの4月から変わりました。
     この番組ではナレーターが実際にバスで旅をしているかのように声をあてて、現地の人と会話したり主観的な感想を述べていくのが売り。3月までのキャイ~ンの天野くんはリアクションが見えるかのような感情たっぷりのナレーターだったのですが、4月からの人はなんというか、しゃべる感想に気持ちが込められた感じがせず、台詞が上滑りした印象を受けます。

     たとえば天野くんのときは、熱い食べ物を渡されたら「あっついよこれ!」とか、バスが故障して平然としている運転手に対して「どうするんだよ~」とか、喜怒哀楽をオーバーに表現していたのが良かったのですが。

     淡々と旅先の情報を伝えるだけなら他の旅番組でもいいわけで、どうなのかな、見続ければ慣れてくるだろうか。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈