サトー商会(9996)の株主総会に出席しました
     今週は株主総会が集中する週ですが、今日はサトー商会(9996、本社仙台市)の株主総会と株主懇親会に出席してきました。

     もちろん顧問弁護士や監査役という立場ではなく、1単元だけの株主の立場での出席です。同社を始め、仙台の大手企業の顧問弁護士は某長老がガッチリ押さえていますので、自分なんかの出る幕はありません。

     同社の株を買った理由は2つ。
     その1つは、私自身は株主優待ファンなので優待がない株は基本持たないのですが、震災以降は地元企業を応援する意味で株を買わせてもらいました。家内も1名義あるので、厚かましくも子どもも連れて総会の方にお邪魔させていただきました。
     しかし会場への到着が遅れ、着いたときには既に会場がほぼ満席。結局総会の間はほとんど控え室の方で過ごしていました。

     そして総会の後は会場を移して、株主懇親会。これが、同社の株を買った理由の2つめです。

     ネット上の投資家のブログによると、サトー商会の株主懇親会は、用意される料理がとても素晴らしく、社長以下会社の皆さんと株主が和気藹々交流できる場であるとのこと。
     そんなわけで、その真偽を確かめるべく一家でお邪魔させてもらいました。
     同社の料理長(調理部門がある)が腕によりをかけたという料理が会場には並んでおり、ビュッフェ形式でいただいたのですが、そのどれもおいしいこと。お寿司、エビチリ・酢豚などの中華、ローストビーフに多種多様なデザートと、実に堪能させていただきました。結構な数の株主がいたのですが、十分なほどの料理をいただけました。同社の店舗で取り扱っている食材で作られていると聞いて、さらに関心。

     佐藤典大取締役ともお話しをする機会がありましたが、さわやかな好印象の方でした。「こんな小さな子が総会に来たのは初めて」と仰っており、うちの子が同社の最年少総会出席者になってしまったようです。すみません、また来年行ってもいいでしょうか。
     名刺を渡しておけばとも思いましたが、某長老のナワバリ荒らしと勘ぐられるのも何なのでまあやめておいてよかったかな。

     ちょうど昨日新店舗の荒巻店がオープンし、消費税増税も何のそのの増益とのことですので、ぜひとも長期保有したいと思います。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈