ぎっくり腰発症とウクレレ発表会
    先週金曜日のことです。
    市内の某ホテルで開催された研修会に参加して、座学で講義を受けていたのですが、開始後一時間くらいで腰に違和感を感じました。
    休憩時間に身体をそらしたりしたのですが一向に改善せず、ついに研修会の終わりには歩くのもできないくらい、腰や背中が痛む状況に。長年の猫背が祟ったのでしょうか。
    これがぎっくり腰なのかは分からないのですが、ともかく身体を動かすのもひねるのもできない。取りあえず一晩様子を見ようと思いました。

    翌、土曜日。
    目が覚めて起きようと身体を少し起こしたところで、悲鳴。這いつくばってベットから降りるのにも苦悶。ついにハイハイでしか動けなくなりました。スマホで必死にぎっくり腰の対処法を検索したのですが、異口同音で「湿布でも貼って安静にしろ」としか出てこない。
    しばらくしてゆっくり歩けるようになってから、いつもお世話になっている整体の先生のところに駆け込み(実際には摺り足)ました。

    以前にもブログに書いたのですが、この先生はものすごい技術を有する方で、死ぬほど痛い治療を施すのですが確実に治してくれる神の手を持っているのです。

    この日も背中、腰、太腿と激痛の治療だったのですが、わずか30分の施術で前屈や身体をそらしたりできるようになり、帰りの道のりは走れるくらいまで回復しました。本当にすごい先生です。(予約を取りにくくなると自分が困るのでここでは名前を伏せますが、知りたい方はご紹介します。)

    そして今日、日曜日。
    まだ腰痛は少し残っていたのですが、無事ウクレレの発表会に参加することができました。なお、ちょっとだけ演奏をミスしたのは腰痛のせいではありません。

    寝込むことなく日常生活を送れるのは本当に幸せなことであるとつくづく感じる週末3日間でした。

    それにしても、腰痛なのを分からず抱っこをせがむ子どもに、分かってるくせに人遣いの荒いうちの山の神には手を焼きますね。
    安静にさせてくれ~。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈