ちぐはぐ
     以前にご依頼頂いた方からの紹介で、遠隔地の方から過払い金の相談を電話で受けました。

     このような債務整理の案件に関しては、事務員を動員した過払い漁りを規制する趣旨で弁護士による直接面談義務が定められています(債務整理事件処理の規律を定める規程第3条)。

     仙台までお越しいただくのが困難とのことでしたので、当地まで行って相談者と会う日時の調整をしていたところ、偶然にも他の弁護士が当地の相談センターでの法律相談を交代してくれる人を探していることを知り、さっそく交代を志願しました。これでセンターに行くついでに、ご相談いただいている方とも会えて一石二鳥。

     渡りに船の話だと思ったのですが、なんと交代が決まった直後、その過払いの相談者から「今度仙台まで来る機会があります」との連絡が入りました。

     うーん、やることなすことがちぐはぐ。

    (追記)
     その後、片道3時間のドライブで当地まで行ってきました。
     実は、おいしいラーメン屋さんがあるとの情報が弁護士同士のメーリングリストで流れていたので、その店に行くことを最大の楽しみにしていたのですが、なんと定休日に当たり、なんとも不覚。

     結局、当地の法律相談センターにも一人もお客さんは来ず、空振りで終わりました。トホホ。
     
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈