映画『聖の青春』で話題、村山聖九段の扇子への疑問
     日本将棋連盟のデジタルショップで、間もなく映画が公開されることで話題の村山聖九段の扇子を販売しています。私が見たときには既に売り切れ、残念。
     http://item.rakuten.co.jp/shogi/1516223/

     もちろん今販売されている扇子は故人の直筆ではなく印刷された物ですが、そこに書かれた文字についてふと疑問が生じました。肩書きが「九段」となっているのですが、確か村山先生は現役A級八段のままで亡くなり、その死後に栄誉を称え九段が追贈されたはずではないかと。
     ちなみに、現役棋士が九段まで昇段するには、名人位を1期取る、竜王位を2期取る、八段昇段以降に一定数の勝ち星を積み重ねるなどの高いハードルがあります。

     ※ 将棋連盟の棋士データベース・村山九段のページ http://www.shogi.or.jp/player/pro/180.html

     そうすると、生前にご自身の肩書きについて「九段」とは書かなかったと思うのですが、そうなるとこの扇子に書かれた「九段」の肩書きはいったいどこから?

     すみませんね、どうにも細かいところが気になっちゃって。

    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈