様々な国の海外ドラマ
     国内のドラマはほとんど見ないのですが(最近では『孤独のグルメ』くらい)スカパーで契約している海外ドラマのチャンネルで、どちらかというとマイナーな国のドラマにハマっています。

     私が現在進行形でハマっているドラマは、AXNミステリーチャンネルの『ラビリンス』(チェコ共和国)、『ポーランド未解決事件課』、そしてホームドラマチャンネルの『アニキに恋して』(台湾)の3本です。

     『ラビリンス』は、チェコとスロバキアの2カ国で起こった残虐な見立て連続殺人や謎の事件に刑事たちが挑む話。
     ネタバレが怖いのでネット検索はしてませんが、どれだけ話題になっているんだろう? 手の込んだ犯行を繰り返す犯人の狙いは何なのか、予期せぬ展開に引き込まれています。

     『ポーランド未解決事件課』は、どうやら厄介払いされたらしい3人の刑事が未解決事件の担当課に回され、数十年の時間を経た古い事件を解決していく1話完結のドラマ。
     ユダヤ人がどうのとか、ソ連の兵舎から放射線が検出された遺体が…とか、ポーランドという国の哀しい歴史的背景が各話で描かれ、真相が分かってもスッキリとしないことが多いのですが、ついつい見てしまいます。

     そういえば東欧が舞台のドラマは、傑作が多いように思えますね。
     昨年、NHKでリメイクされた阿部寛主演の『スニッファー』も、元はウクライナの推理サスペンスドラマで、ウクライナ版の方は傑作でした。あまり旅番組に出てこない国なので、街の風景などストーリー以外にも見所の多いドラマでした。

     ここまではミステリーでしたが、もう一つ個人的に面白いと思っているのが台湾のラブコメ『アニキに恋して』。
     まず設定がとんでもなくて、主人公の女の子(ヤーヌォ)は占い師のお告げのために25歳まで女であることを隠し、男として生活してきました。26歳の誕生日になれば晴れて女としての生活に戻れるのですが、ヤクザの御曹司の命を救ったことがきっかけで、なんやかんやで義兄弟の契りを結ぶことに。
     もうこの時点で理解に苦しむのですが、占いや信心を大事にする台湾の方なら、すんなり受け入れられるのかもしれません。
     御曹司はヤーヌォの心意気と優しさに惚れ込み、女とは知らず男同士の友情を深めていくのですが、ダンス中にハプニングでキスしてしまったり、川に落ちた後に人肌で温め合ったりと、なんやかんやとベタベタなラブコメ的な展開があります。こういうあざといストーリーを笑って楽しめる方には、絶対にお勧めです。
     全30話でこれまで24話まで見たのですが、なんとまだ女であることがバレていません。「お前、女だったのか」という展開がいつ来るのかを期待していたのですが、最終回まで引っ張るのでしょうか。
     
     
     ここまでお勧めを書いてきましたが、逆にキツかったのが韓国ドラマ『ヨジュの酒』
     出版社に務め、キャリアを重ねるヨジュ(独身女性)が、仕事や人間関係でうまくいかない気持ちを鬱々と引きずりながら美味しい酒と料理をいただく、という『孤独のグルメ』・『ワカコ酒』系統のドラマです。
     しかし、「酒くらい楽しく飲めや」とツッコミたくなるくらい主人公が暗い気持ちを引きずるため、せっかくの酒と料理が引き立ちません。
     そして食事シーンも、第1話では牛丼とビール(ビールならご飯はなくてもいいでしょ。牛皿はないの?)、第2話では韓国焼酎に豚のキムチ蒸しとキムチ鍋(あえてキムチを重ねてくるあたりさすが韓国)、そして白ご飯(!?)。ちょっとチョイスが引っかかるところ。納得がいきませんでした。
     私は韓国ドラマとは相性が悪いのかもしれません。

    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈