スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    放送大学
     先日、海外ドラマにハマっていることを書きましたが、もう一つ今年の春からハマっていることに、テレビの放送大学を「受講」しています。
     とは言っても正規の受講生ではなく、BSで放送されている放送大学の番組のうち、面白そうな物を録画して朝の時間に見るだけのモグリの受講生です。テキストも買っていません。
     学生の頃に勉強しなかった反動かもしれませんが、今になってこういうものを面白く感じるようになりました。少年老いやすく・・・ですね。
     この春から聴講しているものとしては、心理学の科目が多いです。

    認知心理学(’13)
     われわれ法律家の世界では、「証人の記憶についてはくれぐれも取り扱いに注意しろ」と刑事訴訟法の伝聞証拠の章や刑事裁判の修習で口を酸っぱくして教えられるのですが、この講義は記憶の心理学を取り上げており、なるほど、こういう議論がバックボーンにあったのかと再確認することができました。
     そういえば、昔の司法試験では「法律選択科目」として「心理学」も受験科目にあったそうですから、ある程度心理学の素養を有することは法律家にとって有用なことなのでしょう。

    危機の心理学('17)
     ニューマンエラーはなぜ起こるのか、社会とのつながりがない孤独な人の寿命が短くなるのはなぜか、など毎回興味深いテーマです。話の種になりそう。

    乳幼児心理学('16)
     被験者の赤ちゃんには実験をした後にインタビューができないので、赤ちゃんの能力を測るためにはちょっとした工夫が必要になってきます。たとえば2つの絵や動画を示して、どちらを長く見たかなど。これまで幾多の科学者が工夫をこらしてきた戦いの歴史と、そこから明らかになった驚くべき赤ちゃんの能力に感心する講義です。
     話の種として一番面白いと思ったのは、赤ちゃんが母親のお腹の中にいるときに母親の言語的特徴を聞いて理解していて、フランス語を話す母親から生まれた赤ちゃんと、ドイツ語を話す母親から生まれた赤ちゃんでは、泣き声の高さが違うそうです。フランス語の方が高いとか。へぇーって思いますよね。
     赤ちゃんも3か月と5か月ではずいぶんと能力が違うそうで、もっと前から知っておきたかったと思いました。
     お母さんの膝の上に載せられている赤ちゃんの実験映像を見るだけでも楽しい講義です。

    中国語Ⅰ(’14)
     2回目で挫折しました。発音がどうしても分からない。語学は、見ているだけではダメですね。

    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。