無罪を取れるフレンズ
     私が主任弁護人を務め、そして刑事弁護のレジェンド・阿部泰雄弁護士に共同弁護人をお願いし担当してきた刑事事件について、本日、仙台地裁で無罪判決が言い渡されました。

     一応検察側の控訴期間があるので、判決の確定まで事件について詳細に述べることは控えますが、この事件は平成28年11月に宮城県白石市で発生した軽自動車の不審火事件でした。現場に何度も足を運び聞き込みをしたり、パソコンに向かいすぎて首が動かなくなったりといろいろありましたが、まあ結果が出ればすべて報われるというものです。

     さて、この宮城県白石市といえば、昨年の流行語大賞候補にもなった人気アニメ「けものフレンズ」にゆかりのある土地です。
     市内には同アニメ第9話で紹介された「宮城蔵王キツネ村」があり、同アニメの制作会社の一つ「旭プロダクション」の作画スタジオもあります。

     しかしながら宮城県内にはテレ東系列のテレビ局がなく地上波では放送されなかったこともあり、宮城県内では今ひとつ「けもフレ」人気は盛り上がりに欠き、白石市や仙台の八木山動物公園などとのコラボイベントはありませんでした。実に良い作品だったので、宮城県の一ファンとしては非常に残念に思います。たつき監督が降板させられたのにも失望しましたね、ファンを集めて集団訴訟してやろうかと思うくらいに(冗談ですが)。


     ・・・だから何だという話ですが、事件についてはまだ書けることがないので、今日はこの辺で。

    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈