ちっちゃな検認済証明書
     公証役場を通さずに自分で作った遺言書(自筆証書遺言)を発見した場合は、家庭裁判所で検認の手続きをして、証明書を付けてもらう必要があります。これは、遺言書の入っている封筒が開封されているか否か、すなわち中身を見られる状態か否かを問いません。このような状態で遺言書が見つかりましたよ、ということを公的に記録しておく制度だからです。

     ところで私が最近手がけた検認で、故人が生前使っていたノートに、死んだ後に財産を誰々にやってくれという指示とともに日付、署名、押印がなされているページがあるという事案がありました。記載内容からすると自筆証書遺言の要件を満たしていると判断したので、検認申立てを行いました。

     普通の遺言書の場合は、A4サイズの検認済証明書が遺言書にホチキス留めされ、割り印が押されます。先日も、やたら長い和紙に墨書きされた立派な遺言書に対し、無機質なペラ紙1枚がホチキス留めされたものを見たばかりです。
     しかし、本件の場合は単行本サイズの大きさのノートなので、それも難しそう。

     さてどうするのだろうと思いながら出来上がりの連絡を待っていたところ、葉書の半分くらいのサイズの、小さな検認済証明書が、該当のページに糊付けされて返ってきました。
     これまでいろんな遺言書を見てきましたが、なかなか珍しいものを見ました。


    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈