弁護士とセカンドオピニオン
     先日の倫理研修のテーマの一つが、弁護士がセカンドオピニオンを求められたときの対応でした。

     弁護士倫理上、他の弁護士がついている事件については、介入することができません。

     そこで、自分の考えでは他の弁護士の訴訟活動に問題があると考えるときでも、「私がやれば勝てる」などとは口が裂けても言えませんし、下手なことを言って他の弁護士と依頼者の信頼関係を害することもできない。
     また、弁護士が交代したとなると、前に担当した弁護士が気を悪くされるのではないか、との心配もあります。

     他方で、依頼者にもセカンドオピニオンを求める権利はあるわけで、このニーズにも応える必要がある。
    (ただし、弁護士会主催の法律相談では、他の弁護士がついている事件についての相談は応じてはならないとの内規があるそうです。知らなかった。)

     かなり、気を遣わなければならない問題です。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈