八木山動物公園のサポーターになりました!
     突然ですが、このたび、仙台市八木山動物公園のオフィシャルサポーター(認定番号13・14番)になりました。

     八木山の動物園には、幼稚園の頃から何度も行っており、思い出がたくさんあります。仙台の幼稚園や小学校に通った方なら、おそらく遠足で一度は来ているはずです。私も先日、子供の頃のアルバムを整理していたら、動物園での遠足の集合写真を見つけました。

     遠足のバス車内では、たしかこんな替え歌を歌っていたと思います。
     『ヤンヤンヤヤーン 八木山の~ ベ●ーランドは金かかる~ 行く~なら~ とな~りの~ 動物園』
     某遊園地様に対して失礼極まりないですが、子供の戯れ言ということで勘弁願います。 
     その他、ゴリラがう●こを投げてくるとかの話で、小学生男子の間で盛り上がりました。動物園への遠足は、野草園や太白山登山の遠足よりも、テンションが上がりましたね。

     この秋に行ったときには、震災後に全国の動物園から届いた救援物資やメッセージが多数展示されておりました。水も電気も物流も止まった中で、『かわいそうなゾウ』のような悲劇が起こらなくて本当に良かったと思います。

     サポーターとしての活動の一環として、八木山動物公園の年間パスポートをお持ちの方には、私、村上匠の担当する法律相談を割引させていただきます(通常5000円を3000円に)。一緒に、八木山動物園を応援しましょう。
    (割引サービスの対象は、弊事務所での私の担当する相談に限ります。仙台弁護士会の法律相談センターでの法律相談や、村上敏郎の法律相談は除きます。)

    動物園年間パスポート2011
    (画像提供:八木山動物公園さま)



     日米野球で来日し、当時の八木山球場でホームランを打ったベーブ・ルースの銅像もあります。
     八木山動物園、行くたびに何かしらの発見があって楽しいですよ。

     なお、八木山へのパンダ招致については、私は否定的な考えです。高コスト、行楽シーズンの慢性的渋滞などの理由もありますが、あまり人が押し寄せたらのんびり観ていられなくなりそう。
    関連記事
    Copyright © 匠の弁護. all rights reserved.
    Design by Pixel映画山脈